COUPON

公式LINE & Instagramアカウント
クーポンコード配布中!

クーポンバナー クーポンバナー

LINE友達登録

トーク画面のメニューで
クーポンコードをGET!

Instagramフォロー

ストーリーズで
クーポンコードをGET!

COLUMN

Ai TERANAGANE 公式ライン
アカウントから配信している
メイクコラムのバックナンバー

制服・ユニフォームが自分に似合わない時、メイクはどうする!?

支給された制服が自分には似合わない色だったら…


学校の制服に始まり、会社の制服や作業着など、きっとほとんどの方が1度は着たことがあるであろう何らかの統一服。イメージや見た目の統一感だけでなく、業務をスムーズに、画期的に、安全に行うために必要なユニフォームも存在しますね。

自分で色を選べる場合もあると思いますが、きっと多くの場合は決まった色のものを支給されるパターンかと思います。

そんな時、「この色、私には似合わないんだよなぁ…」という色の制服だったら…。この制服を着ると、なぜか疲れて見えるとか、老けて見られるとか、顔色が悪く見えるという現象がある場合、それらの現象をメイクで軽減させる工夫をしてみましょう。








制服の色がインパクト強めの場合。


例えば、濃いピンクや濃いオレンジ、濃いブルーなど…企業のイメージカラーを反映したユニフォームなどに多く見られますが、そのようなインパクトが強い色味の制服を着る場合は、自分に似合う色のことは考えずに、そのユニフォームの色に寄せたメイクをした方が、トータル的に見てバランスがよくなります。

例えば「本当はピンクの方が自分に似合うんだけどなぁ…」という方が、ビビッドなオレンジのスタッフジャンパーを着る場合、ピンクとオレンジを混ぜてみたりして中間を狙おうとすると、結局ジャンパーにも自分の肌色にも、どちらにもマッチせず、全体的に残念なカラーコーディネートになってしまう可能性が高いです。

ですので、制服・ユニフォームの色がインパクトのある主張する色なのであれば、似合う似合わない関係なく、やはりそのインパクトあるユニフォームの色に合わせて、メイクの色を選んでいった方が、まとまりが良くなります。



制服の色が控えめの色であれば、考え方は変わる。


しかし、上記とは反対に、淡いピンクや水色、淡いラベンダー、ベージュなど、似合わない色だけど、さほど主張が強い色ではない場合は、その制服の色と自分に似合う色の中間を狙っていくのがお勧めです。

口紅やチークで言えば、ピンクとオレンジが混ざったような中間色を使うのもOKですし、パーツごとに制服に合う色と自分に合う色の両方を使い分けるのもOKです。

例えば「本当はピンクの方が自分に似合うんだけどなぁ…」という方が、淡いシャーベットオレンジのような制服を着る場合、ピンクとオレンジの両方をメイクに取り入れることで、制服にも自分の肌色にもマッチさせることができます。

リップやチークは、ピンクとオレンジの中間にあたる、コーラル系やサーモン系、ローズベージュ系などを選ぶようにする。アイメイクにおいては、上まぶたには自分の肌に合うピンクのシャドウ、下まぶたには制服に合わせてオレンジのシャドウを入れる、というような工夫もお勧めです。



制服に限った話ではない。


読んでいてお気づきかと思いますが、もちろんこれは制服に限ったことではなく、私服(洋服・和服)にも当てはまる考え方です。制服も私服も、自分には似合わないとされる色であっても、ファッション、メイク、髪型など、全身のバランスが整っていると、ちゃんと素敵なんです。

似合わない色を来ているマイナスよりも、全身で素敵!というプラスの方が必ず上回ります。

ぜひご参考になさってくださいね。


「Ai TERANAGANE」公式ONLINE STORE


コラムの筆者、寺長根愛がプロデュースするオリジナルブランド「Ai TERANAGANE」公式ストア。オリジナルブランド「Ai TERANAGANE」の他、寺長根がセレクトしたおすすめメイクアイテムやスキンケアシリーズを取り揃えています。
「Ai TERANAGANE」各商品ページは以下をクリック。












この記事をシェアする

AI TERANAGANE(寺長根愛)

札幌を拠点に活動するメイクアップアーティスト。
2006.4月にメイクサロン&スクール「AiLOGIC」を設立。その後、2014.4月より「Ai TERANAGANE make up studio」としてリニューアル。
同時に、コスメブランド「Ai TERANAGANE」を立ち上げる。
スタジオ運営の他に、テレビ・映画・雑誌・CM等のヘアメイクも多数担当。芸能人・タレントなどのヘアメイクも手掛ける。専門学校や各種企業にてメイク講師を勤める傍ら、メイクセミナーやイベントなどの主催も行う。活動拠点である札幌以外に、日本国内主要都市及びロサンゼルス、サンフランシスコ、シンガポールでもセミナーやイベントを開催。学生や後輩を育成し、業界を盛り上げていくためのイベント企画も行い、ブライダル業務や化粧品開発、コラム&メルマガ執筆等、多岐に渡って活動中。

  • この内容はLINEオフィシャルアカウントでも配信しています。コチラから無料で友達登録できます。

  • facebookページでも連載しています。「いいね!」を押してニュースフィードでチェックできるようにしましょう。

  • メッセージ・ご感想・メイクのお悩み投稿、セミナー、講演、イベント出演などの依頼はコチラのフォームから。


BACK TO TOP