LOGIC

Ai TERANAGANEがメールマガジン、
Facebookで配信している
「メイクアップ人生」のバックナンバー。

メイクワードで検索

読者様Q&A「ビューラーをかけるとアイメイクが剥がれてしまう!?」

本日ご紹介するご質問は、こちら。


***

いつも楽しみに読ませていただいています。
私の質問は、アイシャドウとアイラインとビューラーの順番です。

アイシャドウ・アイラインの後にビューラーを使うと、
アイシャドウとアイラインが落ちてしまいます。

ビューラーを先に使うと、まつ毛が邪魔をして、
アイシャドウとアイラインがうまくいきません。

前にも質問があったかもしれませんが、
よろしくお願いいたします。

***



それでは、お答えして参ります。
いつもメルマガをお読みくださり、誠にありがとうございます!

続きを読む

読者様Q&A【スティックハイライトの使うタイミング】

本日ご紹介するご質問はこちら。

***

いつも読ませていただいています。

今日はどうしても教えていただきたいことがあり
メールさせていただきました。

最近はやりのスティックタイプのハイライト(つや出し?)なんですが、使う順番が良く分かりません。

私はリキッドファンデーション、コンシーラー、パウダーの順で
仕上げているのですが、上記のようなスティックタイプのハイライトを
使う順番は最後のパウダーを使う前だと思っています。
ですが、カウンターで聞いた時も、他の方の使い方を調べても
パウダーの後ということなんです。

パウダーの後にパウダーを乗せることは理解できますが、
パウダーの後にしっとりした質感のものを乗せるのは
ヨレたりするのではないかと思うのですが。
ただ、ハイライトの後にパウダーを乗せると、この商品の特長の1つである
艶っぽい肌をつくるというのは実現できないようにも思います。

まずは自分で色々試してみればいいのだと思うのですが、
どうにも気になり教えていただければと思った次第です。

ちなみに、パウダーファンデーの時もパウダーの後という認識でしょうか。

長文すみません。
どうぞよろしくお願いします。


***



それでは、お答えして参ります。
いつもメルマガをお読みくださり、誠にありがとうございます!

続きを読む

今、眉山の高さをどうするべきか?

眉メイクの流行は、時代と共に大きく変化していきます。

これまでも、様々な眉毛が流行ってきたように、
これからも、いろんな眉毛が流行っていくのです。

さて、そんな移りゆく眉のトレンドですが、
「今はどうなの!?」というリアルタイムな情報を、
しっかりとキャッチしていくことが大事。



簡潔に「今の眉情報」をお届けすると、
以下のようにまとめることができます。

続きを読む

達人は筆を選びます。

みなさん、メイクに使うブラシって、
どのように選んでいますか?

アイシャドウやチークなどは、
よくパレットの中に小さなブラシが付いていたりしますよね。

この「小さなブラシ」ですが、
たまに良質なものが付いていることもありますが、
8割型「おまけ」程度のものであることも多いです。

せっかく良質なアイシャドウやチークであっても、
ブラシの質が良くなければ、仕上がりも損なわれてしまい、
それって、とーーってももったいないことなんです。

続きを読む

下まぶたのアイシャドウやアイライン、どのくらい塗るのが正解?

よく、雑誌などで見たことがある
「目尻側3分の1にアイラインを引く」という文言。

下まぶたにアイラインを引くときは3分の1、と、
無意識のうちに思い込んでいる人も多いです。

確かに3分の1にアイシャドウやアイラインを引くのは、
基本のテクニックではあります。

しかし、3分の1でなく、
4分の1でも、5分の1でも、
はたまた全部でも良いのです。



目の形は人それぞれ違いますので、
全員が3分の1がベスト!というわけではないのです。


ですので、目の形別、そして、なりたいイメージ別に、
下まぶたのアイシャドウやアイラインの入れる範囲を変えられたら、
それが一番ベストかなと思います。



続きを読む

【フェイスラインのたるみを目立たなくする大人のシェーディング】

シェーディングというのは、
顔に影色を入れるテクニックのことを言います。
( shade + ing )

そのように影を入れたり、ハイライトを入れたりして、
お顔を立体的に見せることを コントゥアリング と言います。


シェーディングと聞くと、
顔周りに入れる影や、鼻筋の側面に入れるノーズシャドウが
まず先に思い浮かぶ方が多いと思いますが、

今日お伝えするシェーディングの箇所は、
「頬骨の下に入れる影」 です。



「そんなところに影を入れたら、
顔がこけて老けて見えてしまうのでは!?」

「失敗したら聖飢魔IIみたいに・・」

という懸念や不安もあるかと思いますが、
きちんと色を選んで正しく入れると、

頬のたるみを軽減させたり、
むくんでしまった日の顔をすっきり見せることができるので、
ぜひトライしてみて欲しいテクニックの1つなのです。





まず、入れる場所です。

ざっくり言えば「頬骨の下をなぞるライン」なのですが、
「耳たぶに一番近い位置から、口角に向かうライン」
を指でなぞってみてください。

口角まで到達してしまうと入れすぎになってしまうので、
口角に到達する約3センチ手前まで、というイメージです。

必ず、外から内 の方向で乗せるようにしてください。

外から内~内から外 のように往復したりはせず、
外から内 のみです。



使う色は、ブラウンまで行かないキャメル色。
ベージュカラーです。ミルクティーに近い感じ。

「ちゃいろ」の絵の具に「しろ」の絵の具を混ぜて作った色、
というイメージです。

シェーディングパウダーという商品名で売られているものもありますが、
色さえ合っていれば、アイシャドウでも代用できます。

むしろ、一般で売られているシェーディングパウダーは、
時々すごく濃いものもあるので、
アイシャドウの中からチョイスした方が良いかもしれません。

ただし、パールが入っていたり、ラメが入っているものはNGです。
必ずマットなものを使いましょう。



自分の肌色より、ちょっと暗いかな?程度の色が適切です。
そういった色をチョイスしておけば、
失敗する確率が一気に下がります。




ブラシは、なるべく毛質がフンワリと柔らかいものを選びましょう。

コシのあるタイプのブラシを使うと、
入れました感が強くなってしまうので、
フワフワタイプのブラシがオススメです。

シェーディングブラシという名前が付いたブラシでなくとも、
チークブラシで代用できます。





「顔に影を入れる」ということに躊躇してしまうかもしれませんが、
ただ影を足すのではなく、

不要な影はハイライトで消し、
美しい影をシェーディングで入れる というイメージです。

光と影は一対。
美しい光と、美しい影を味方につけましょう。








究極に美しく仕上がるベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化した究極純粋ファンデーション。
Ai TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

シミやクマがしっかり&自然に隠れる。
Ai TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤味消し。
Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい。
Ai TERANAGANE「make up SPONGE」はこちら

お肌ふっくら仕上げ、若見えフェイスパウダー。
Ai TERANAGANE「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!
Ai TERANAGANE「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。
「KAGEKESHI powder PINK」はこちら


■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!
イベント情報ページはこちら

■この内容はメルマガでも配信しています。
読者登録はこちらから!

赤系アイシャドウにチャレンジ!

時代の変化と共に訪れる様々なトレンドの中には、
時間の経過と共にすたれてしまうものと、
多くの人に愛されて1つのジャンルとして定番化し、
残るものがあります。

赤系のアイシャドウを使ったメイクは、
1つのジャンルとして定番化したメイクの1つだと、
私は感じています。

2~3年前に1つの流行として登場してから、
今でもそのメイクは古く見えることなく、
女性らしいフェミニンなメイクの1つとして君臨しています。


さて、この赤系アイシャドウ。
より素敵に取り入れるには、どんな工夫が必要なのか、
今日はそんなお話をしていきたいと思います。

続きを読む

ビューラーに苦手意識がある方へ・正しい使い方

ビューラーの正しい使い方を、
細かく区切って説明しますと。


1 ビューラーを開く。

2 ビューラーを開いたまま、まつ毛の根元まで持っていく。

3 根元部分をはさむ。

4 「ビューラーを再び開く」

5 「ビューラーを開いたまま」少しだけ毛先の方へ移動する。

6 再び、はさむ。

7 「ビューラーを開く」

8 「ビューラーを開いたまま」さらに毛先へ移動する。




これを繰り返すのがビューラーの正しい使い方です。

読めば当たり前の動きであることは、わかると思います。

しかし、です。

上記の手順の中で「」をかけた部分を、
省いてしまっている人が、多いのです。


続きを読む

控えめチークが旬な今こそ、質感に敏感になろう!

今年の秋冬トレンドの流れを考えると、
チークは控えめにするのが古く見えないメイクに仕上げるポイントの1つ。

しかし、だからといって大人は省いてはいけません。
控えめだけれど、省かず、ちゃんとチークは入れる。
これが大事です。

そうなると、今こそ、チークは色味ではなく、
「質感をどうするか?」ということに敏感になるべきなのです。


質感という言葉は、なんとなく専門用語のような、
ちょっと難しい感じがするかもしれませんが、

簡単に言ってしまえば、

・光るか光らないか
・光るとすれば、どんな感じで光るのか

ここを注目すればOKなのです。


続きを読む

読者様Q&A「いろんな道具の替え時がわからない!」

本日ご紹介させて頂くご質問は、こちら。

***


いつもメルマガを楽しみに読んでいます。

質問というか、ふと疑問に思ったことがあったので、
メールを送らせて頂きました。

ビューラーのゴムって、
皆さんどんなタイミングで変えているのでしょう?

そして、ベースメイクで使うスポンジも、
どのタイミングで新しくすればよいでしょう?
(フェイスパウダーのパフも・・・)

メイクブラシも替え時が分かりません。

ちょっと古くなっても使えるならそのまま使って良いものなのか、
肌に悪いのか、明確な替え時が分からないです。

知らずのうちに目や肌に悪いことをしていたら恐ろしいと思い、
質問させて頂きました。

宜しくお願いします。



***




それでは、お答えして参ります。
続きを読む
  • facebookページでも連載しています。「いいね!」を押してニュースフィードでチェックできるようにしましょう。

  • この内容はメールマガジンの配信も行っています。読者登録されたい方はコチラから無料登録できます。

  • メッセージ・ご感想・メイクのお悩み投稿、セミナー、講演、イベント出演などの依頼はコチラのフォームから。