期間
限定

お得に買い物できるクーポンコード配布中!

ご購入金額に関わらず

20%OFF

オンラインメイクレッスンとスキンケアセットは対象外となります。

HT63

大文字 エイチ ティー 数字 ロク サン ※全て半角

期間 5/26(日) 22:59まで

COLUMN

Ai TERANAGANE 公式ライン
アカウントから配信している
メイクコラムのバックナンバー

ホワイトアイシャドウを使う際のポイント

※最終更新日:2022.12.27
さて、今日も引き続き、アイシャドウの色味について、お話していきます。

今日は「ホワイト」です。


《オーダーメイドコスメSTORE OPEN!》








実はみんな白いアイシャドウを持っている


白のアイシャドウは、実は多くの方が持っていると思います。

それはなぜかというと、3〜4色パレットの中に白が含まれていることが多いからです。

しかし、持っていてもどう使っていいのかが分からないまま、パレットの中でも白だけが残ってしまうという方も多いようです。

ブラック同様、やはり白もベーシックで大事な色ですので、ぜひ有効に使いこなしていきましょう。

白のアイシャドウは、マットなものから微量のパールが入っているもの、ラメが混ざっているものなど、質感のバリエーションがたくさんあります。

これらの白をどのように使い分けていくか。

それぞれの特徴を把握することで、使い分けが出来るようになります。

では1つずつ説明していきましょう。

マットな白(光らない)


アイシャドウとしても、ハイライトとしても使うことができます。

マットなので、肌の質感を柔らかく見せる効果があります。

ですので、シャープな顔立ちを柔らかく見せたい方、頬骨、エラ骨などの骨張った顔立ちを滑らかに見せたい方は、
このようなマットな白をハイライトとして使うと良いでしょう。

目の下や鼻筋、あご先などに使うと効果的です。

アイシャドウとして使う場合は、上まぶた全体に塗ってくすみカバーの土台として使うのが効果的です。

しかし、あまり塗り過ぎてしまうと、目の周りが白浮きした不自然な仕上がりになってしまうこともあるので、塗り過ぎには要注意です。

下まぶたに乗せてもOKです。

マットですので、派手になりすぎることなく、目元を明るく見せることができるでしょう。

微量のパールが入っている白(少し光る)


これもアイシャドウもしくはハイライトとして使うことができます。

少量のパールですので、ほぼマットと変わらない使い方で問題ありませんが、やはりマットよりは華やかさが強くなります。

白のパールは使い過ぎると、どうしても人工的な雰囲気が強すぎて、違和感のある仕上がりになってしまうことがあるので、微量のパールだからと言って、塗り過ぎないように注意をしましょう。

パールとラメが混在している白(パールとラメのキラキラが混在)


強く光る白アイテムは、使う部分をきちんと考えていかなければなりません。

まぶたが腫れぼったい方は、上まぶた全体に塗るのは避けた方が良いでしょう。

下まぶただけにしておいた方が無難です。

逆に、まぶたが窪み陰になり、疲れた雰囲気に見えやすい方には、こういったアイテムを上まぶたに塗るのはお勧めです。

もちろん下まぶたにもOKです。

塗れたような強いパール感が出る白(かなりツヤツヤ)


粒子が細かいツヤツヤアイテムですので、アイシャドウとして使う場合は単色で使うのがやや難しい色です。

必ずこれを塗った後に、なにか違う色を重ねたり、逆に、なにか違う色の上に少量をかぶせたりすると良いでしょう。

また、ハイライトとして使う場合は、全ての箇所において使用すると、やや宇宙人っぽくなってしまう危険性もあります。

お勧めなのは、目尻の下あたり(小ジワが目立ちやすいところ)です。

薄くかぶせておくと、小ジワが目立たなくなり、透明感が出ます。

塗るとピンクっぽく見える偏光パールの白(ツヤツヤ&ピンク味)


偏光パールのアイテムは、塗ってみないと、その発色が分からなかったりするので、買うときにはきちんと試し塗りして、その発色を確認するようにしましょう。

見た目は白ですが、塗るとピンクっぽく発色するので、下まぶたに使ったりすると可愛らしいイメージが強くなります。

ハイライトとしては、目の下のみ使ってもOKですが、それ以外の箇所においては、やや使いにくい色です。

パール感、ラメ感が強い白(ツヤツヤ&キラキラ)


かなりキラキラ感が強い白は、それだけ華やかな印象が強くなります。

暗い場所などでは、このキラキラ感がとてもキレイに見えるので、パーティ会場やレストランなどの間接照明の場所で活躍するでしょう。

アイシャドウとしてもハイライトとしても、意外と使いやすいアイテムですが、ラメ感が入っているので、目の下はOKですが、鼻筋やあご先のハイライトにはやや不向きです。

ホワイトアイシャドウの種類の違いを把握して活用しよう!


いかがでしょうか。

ぜひ、持っている白シャドウアイテムを、ずらっと並べてみて下さい。

そして、全てを手の甲に塗ってみて、どれがマットで、どれが最もツヤツヤしているのかを、比べてみて下さい。

全て色味は白でも、質感によって、それぞれの有効な使い方が違うのです。


「Ai TERANAGANE」公式ONLINE STORE


コラムの筆者、寺長根愛がプロデュースするオリジナルブランド「Ai TERANAGANE」公式ストア。オリジナルブランド「Ai TERANAGANE」の他、寺長根がセレクトしたおすすめメイクアイテムやスキンケアシリーズを取り揃えています。
「Ai TERANAGANE」各商品ページは以下をクリック。







この記事をシェアする

AI TERANAGANE(寺長根愛)

札幌を拠点に活動するメイクアップアーティスト。
2006.4月にメイクサロン&スクール「AiLOGIC」を設立。その後、2014.4月より「Ai TERANAGANE make up studio」としてリニューアル。
同時に、コスメブランド「Ai TERANAGANE」を立ち上げる。
スタジオ運営の他に、テレビ・映画・雑誌・CM等のヘアメイクも多数担当。芸能人・タレントなどのヘアメイクも手掛ける。専門学校や各種企業にてメイク講師を勤める傍ら、メイクセミナーやイベントなどの主催も行う。活動拠点である札幌以外に、日本国内主要都市及びロサンゼルス、サンフランシスコ、シンガポールでもセミナーやイベントを開催。学生や後輩を育成し、業界を盛り上げていくためのイベント企画も行い、ブライダル業務や化粧品開発、コラム&メルマガ執筆等、多岐に渡って活動中。

  • この内容はLINEオフィシャルアカウントでも配信しています。コチラから無料で友達登録できます。

  • facebookページでも連載しています。「いいね!」を押してニュースフィードでチェックできるようにしましょう。

  • メッセージ・ご感想・メイクのお悩み投稿、セミナー、講演、イベント出演などの依頼はコチラのフォームから。


BACK TO TOP