LOGIC

Ai TERANAGANEがメールマガジン、
Facebookで配信している
「メイクアップ人生」のバックナンバー。

メイクワードで検索

唇の色を自然に美しく見せるには?

メイクレッスンにいらっしゃるお客様や、
読者様からのお悩みメールで時々あるのが、
「唇の色についてのお悩み」です。



もともとの唇の色が、
・青みが強くて、不健康そうに見えたり
・色味が無くて、貧血っぽく見えたり
・逆に赤みが強くて、常に赤リップを塗っているように見えたり


上記のようなお悩みを持っている方は、
少なくありません。


READ MORE

眉メイクとアイメイク、どちらを先にすべき?

眉メイクが先か、アイメイクが先か。
これは、先に答えを申しあげますと、どちらも正解です。


学生に指導をするときも、
「どちらを先に仕上げても良い」と指導しています。


メイクのテキスト的なものも、
テキストによって書かれていることは様々です。


READ MORE

加齢とともに眉尻が描きにくくなってきた!?

年齢を重ねると、目元の皮膚がたるんできて、
アイラインの目尻が描きにくくなるというのは、
多くの方が感じることです。


この場合は、聞き手と反対の手で、
まぶたを押さえながらアイラインを引くというのが、
最も現実的な対策です。


この時、まぶたを引っ張りすぎないように注意しましょう。
引っ張るのではなく、押さえる感覚で。


引っ張る力は最小限に。
引っ張り具合は「これならギリギリ描ける!」
というところまでにします。


引っ張りすぎると、
アイラインの目尻の角度が、
おかしなことになってしまうのです。



READ MORE

インサイドアイラインを極める

読者様から頂いたご質問をご紹介致します。


***


いつも とっても役立つメルマガを、ありがとうございます。
目からウロコの気づきが多くて
「今度はどんな内容かな」と、夜のひそかな楽しみになっています。


アイラインの「インサイドライン」の入れ方について、
100%企画の質問です。


以前、プロのメイクさんにフルメイクして頂いた時
ビックリするほど、目がパッチリ大きくなって感激しました。


まぶたの粘膜まで入れたアイラインのおかげだと思うのですが、
自分で入れるのはちょっと怖くて
普段はまつ毛の根元ギリギリまでしか入れることができません。


自分でも上手に入れられるコツや注意点、
また、インサイドラインに適した種類のアイラインがありましたら
ぜひ教えていただければ嬉しいです。


これからもメルマガを楽しみにしていますね(^^)!



***



READ MORE

ホテルなどの暗い場所でメイクをするときのコツ

読者様から頂いたご質問をご紹介して参ります。




***


こんにちは、あい先生。
以前何度かメールさせていただいたことがあります。
また久しぶりにメールします。


早速なのですが、
私は以前先生のメルマガで、一番全部が見えるのが太陽光であり、
メイクをする際はその日一番長く過ごすであろう環境の光に似た
明るさでのメイクをするのが好ましく、
明るすぎても暗すぎてもダメだということを学びました。


しかし、旅行などでホテルに泊まると、
意外と洗面所にしかメイクをする場所がなく、
暗かったりすることも多いのです。


そんな場合なるべく、
窓辺に手持ちの鏡を持って行ってメイクをするようにしているのですが、
そうもいかない時もあります。


こういうシチュエーションのとき
(必然的に暗くなる、もしくは明るい場所でのメイク)で
気をつけることはありますか?
それとも何か他にできることはあるのでしょうか?


アドバイス、よろしくお願いします。


***



READ MORE

  • facebookページでも連載しています。「いいね!」を押してニュースフィードでチェックできるようにしましょう。

  • この内容はメールマガジンの配信も行っています。読者登録されたい方はコチラから無料登録できます。

  • メッセージ・ご感想・メイクのお悩み投稿、セミナー、講演、イベント出演などの依頼はコチラのフォームから。


BACK TO TOP