LOGIC

Ai TERANAGANEがメールマガジン、
Facebookで配信している
「メイクアップ人生」のバックナンバー。

メイクワードで検索

トラブルカバーだけじゃない。お肌の綺麗な部分を生かそう

よく、メイクを美しく仕上げるためには、


自分の欠点ばかりを気にして、
それを隠そうとするのではなく、


自分のチャームポイントを見出し、
それを生かそうと考えるのが大事である、と言いますよね。





これ、実はベースメイクにおいても、
同じことが言えます。



例えば、シミやソバカス、ニキビなど、
気になるトラブルがあると、
それらを隠そうという意識ばかりが働いてしまう。


もちろん、それらのトラブルを美しくカバーすることは
大事なことです。



が、


「自分の顔の中で、お肌が綺麗な部分を生かし、
その部分をより美しく見せよう」


と考えたことのある方は少ないのではないでしょうか。




もともとベースメイクというのは、
「マイナスをプラスにするもの」というイメージが強いですよね。


でも、
「プラスを、もっとプラスにすること」も大事なのです。






私がお客様のメイクをするとき、


「カバーした方がよいシミやソバカスなどのトラブル部分」
だけでなく、


「お顔の中で強調した方がよい最も肌が綺麗な部分」も、
きちんと見つけ出します。




例えば、頬ひとつとっても、
ご本人がシワやたるみで悩んでいるとしても、
目尻のシワや法令線が及ばない頬の中心部分は、
ふっくらと美しい部分があったりするのです。


そこを見逃しません。




または、額がとっても綺麗だったりすると、
それを前髪で隠すのはもったいない場合もありますし、
(美しい額は若さの象徴)
その額が、より美しく見えるようなバランスにするために、
眉毛の位置を調整することもあります。




このようにして、主に面積の広い頬や額において、
それらの中にある美しい肌の部分を見出し、
そこを生かすというのは、
お顔全体を若々しく見せる効果が、かなりあるのです。




では、ご自分のお顔の中で、どの部分が最も美しい肌なのかを、
見出してみましょう。




頬に重点を置いて、説明していきます。


鏡をみて、目をクシャッとしながら笑ってみたりして、
目尻のシワがどこまで入るのか、
法令線がどこまで入るのかをチェックしてみてください。


そうしてみると、
どんなに表情を動かしても、
シワの入らない部分を見つけられると思います。


もちろん個人差はありますが、
頬の中心部分や、鼻の横側あたりなどは、
シワが入りにくく、ツルんとしていることが多いのです。



その部分を、より美しく見せるのです。



例えば、そのツルんとした部分を、
より艶やかに見せるために、
その部分にはパール入りのフェイスパウダーを乗せてもいいですし、
その部分にはパール入りのチークを使ってもよし。



そうすることで、
もともとツルんとした部分が、
より艶やかツルんとした肌に見え、
お顔の中で、一部分でもハリのある肌があると、
お顔全体のイメージがぐんと若返って見えるのです。



シミをカバーするだけでなく、
ソバカスをカバーするだけでなく、
もともと綺麗な部分を、もっと綺麗に見せる。



ぜひ、みなさんも、そんな、
「プラスをもっとプラスにするメイク」挑戦してみてくださいね。





****
『 メイクアップ人生 』
発行元 Ai TERANAGANE make up studio
発行責任者 寺長根 愛

http://ai-teranagane.jp

****

気にすべきはファンデのみならず!下地やフェイスパウダーは大丈夫?

「ファンデーション、
ちゃんと美容部員さんに選んでもらったのに、
自分でメイクすると、首の色と合ってない。。。」



思い当たる方は多いのではないかと思います。


買う時に、美容部員さんに塗ってもらったら大丈夫だったのに、
いざ自分でメイクすると、なんか違う。。。




このような現象は、結構起こりうるのです。


READ MORE

下まぶたのアイライン、目尻から何分の一?

よく、雑誌などで見たことがある
「目尻側3分の1にアイラインを引く」という文言。


下まぶたにアイラインを引くときは3分の1、と、
無意識のうちに思い込んでいる人も多いで



しかし、3分の1でなく、
4分の1でも、5分の1でも、
はたまた全部でも良いのです。


目の形は人それぞれ違いますので、
全員が3分の1というのはおかしいですよね。



ですので、目の形別、そして、なりたいイメージ別に、
下まぶたのアイライン(アイシャドウ)はどこまで入れればいいのか?を、
細かく説明していきたいと思います。



READ MORE

結婚式お呼ばれ!パーティメイクテクニック

結婚式のお呼ばれって、
ピークを過ぎるとぐんと減ってきたりしますよね。


しかしそんな時に、久々に招待状が届くと、
「あれ、、なに着ていこう、、メイクどうしよう、、、」
と、ちょっと悩んでしまったり。


ヘアメイクサロンなどに行って、
せっかくの機会なので、プロに仕上げてもらうのもアリですが、
自分でしなければならない時のために、
ぜひ読んでみてくださいね。



READ MORE

それでも眉毛を抜いているという方へ

再び眉の流行が細眉になってきた今、
やはり眉毛を抜かずにはいられないという方は
多いような気がします。



頭では「抜かないほうがいい」とわかっていても、
切ったり剃ったりするよりも綺麗な状態が長持ちするし、


なにより、抜いた後の達成感的な感覚が
癖になっている方も多いです。


やめたくても、やめられないという、ジレンマ。





でも、やはり眉毛を抜くというのは、
様々な代償が生じる行為です。


今日は、その代償を再認識していきましょう。




READ MORE

  • facebookページでも連載しています。「いいね!」を押してニュースフィードでチェックできるようにしましょう。

  • この内容はメールマガジンの配信も行っています。読者登録されたい方はコチラから無料登録できます。

  • メッセージ・ご感想・メイクのお悩み投稿、セミナー、講演、イベント出演などの依頼はコチラのフォームから。


BACK TO TOP