期間
限定

お得に買い物できるクーポンコード配布中!

ご購入金額に関わらず

20%OFF

オンラインメイクレッスンとスキンケアセットは対象外となります。

HT63

大文字 エイチ ティー 数字 ロク サン ※全て半角

期間 5/26(日) 22:59まで

COLUMN

Ai TERANAGANE 公式ライン
アカウントから配信している
メイクコラムのバックナンバー

アイシャドウやチークの表面が固まり劣化。復活させる方法は?

※最終更新日:2020.11.18
さて、本日も読者様から頂いたご質問を
取りあげていきたいと思います。
頂いたご質問はコチラ♪


《オーダーメイドコスメSTORE OPEN!》







長く使っているチークの表面が、黒くテカテカに!


* * *

気に入ってなが~く愛用しているチークの表面が黒っぽくテカテカしてきて、
筆へのノリや肌につけたときの発色が悪くなることがあります。
気に入っている色だけに、とっても残念!!

どのように対応したら復活させることができるでしょうか?
筆は定期的に洗っています。
筆からの脱色?もあるのでしょうか???

* * *

アイシャドウやチークの表面が固まり、劣化する原因は?


それでは、お答え致します。

アイシャドウやチークなど、ずっと使っていると、表面が固まってきて黒ずんだり、テカテカに光った状態になり、ブラシに取りづらくなるときがあります。
これらの原因は、大きく2つです。

表面の乾燥による劣化


ひとつは、表面の乾燥です。

きちんとフタをしない状態でずっと保管していたり、2年以上経ってくると、
物によっては表面が乾燥し、硬く黒ずんでくることがあります。

油分による劣化


そしてもう1つは油分の付着です。

ブラシより、指で色を取っている場合の方が、そのように表面に油分が付着して、硬くなってしまう確率が高いのですが、ブラシ使用でも全く表面が硬くならないわけではありません。

チークブラシですと、ファンデーションなどの油分がチークブラシに付着しやすいので、それが、日に日にチークの表面に付いてしまっている可能性もあります。

特に、もし、フェイスパウダーをきちんとつけていない、もしくはフェイスパウダーを使っていないなど、リキッドファンデーションを塗っただけの状態でチークを塗っていたら、1回使っただけでチークブラシにはしっかり油分がつきますので、チーク自体の表面が硬くなってしまう確率は高いです。

長く使って劣化したアイシャドウやチークを復活させるには?


さて、こうなってしまったチークですが、問題が起きているのは表面の部分だけですので、表面を削れば復活します。

身近なものでしたら、爪楊枝などを使って表面を削ってしまいましょう。もったいないと思われるかもしれませんが、日々のメイクがうまく仕上がらないのを続けるよりも、思い切って表面を削り、発色を元通りにした方がベターです。

きっと同じようになってしまっている方も多いと思います。
ぜひ、参考になさってくださいね!

※動画でさらにわかりやすくご紹介!「表面が固まってしまったアイシャドウやチークを復活させる方法」



「Ai TERANAGANE」公式ONLINE STORE


コラムの筆者、寺長根愛がプロデュースするオリジナルブランド「Ai TERANAGANE」公式ストア。オリジナルブランド「Ai TERANAGANE」の他、寺長根がセレクトしたおすすめメイクアイテムやスキンケアシリーズを取り揃えています。
「Ai TERANAGANE」各商品ページは以下をクリック。












この記事をシェアする

AI TERANAGANE(寺長根愛)

札幌を拠点に活動するメイクアップアーティスト。
2006.4月にメイクサロン&スクール「AiLOGIC」を設立。その後、2014.4月より「Ai TERANAGANE make up studio」としてリニューアル。
同時に、コスメブランド「Ai TERANAGANE」を立ち上げる。
スタジオ運営の他に、テレビ・映画・雑誌・CM等のヘアメイクも多数担当。芸能人・タレントなどのヘアメイクも手掛ける。専門学校や各種企業にてメイク講師を勤める傍ら、メイクセミナーやイベントなどの主催も行う。活動拠点である札幌以外に、日本国内主要都市及びロサンゼルス、サンフランシスコ、シンガポールでもセミナーやイベントを開催。学生や後輩を育成し、業界を盛り上げていくためのイベント企画も行い、ブライダル業務や化粧品開発、コラム&メルマガ執筆等、多岐に渡って活動中。

  • この内容はLINEオフィシャルアカウントでも配信しています。コチラから無料で友達登録できます。

  • facebookページでも連載しています。「いいね!」を押してニュースフィードでチェックできるようにしましょう。

  • メッセージ・ご感想・メイクのお悩み投稿、セミナー、講演、イベント出演などの依頼はコチラのフォームから。


BACK TO TOP