LOGIC

Ai TERANAGANEがメールマガジン、
Facebookで配信している
「メイクアップ人生」のバックナンバー。

まぶたの窪みを生かすメイク術

本日も、読者様からのご質問を取り上げていきましょう。
 
 
《本日のご質問》
 
いつも為になるメルマガを発信して下さりありがとうございます。
毎回「勉強になるわー!」と真剣に読んでいます。
 
私は若い頃から疲れると目の上の瞼が窪みやすい顔です。
若いうちは、まだ、それがエキゾチックにも見えて良かったのですが
50歳を目の前にエキゾチックがゾンビチックに変わってしまう時があります。
 
同じ歳でも瞼がぷっくりしてる人が羨ましいと思う今日この頃です
(かといって若い頃からの付き合いの、この窪みは嫌いではありません)
 
どうしたらこの瞼の窪みを魅力的に見せることが出来るか?
なにか良い方法はございますか?
 
ちなみに百貨店のBAさんが勧めるような
ピンクやライラック色のパール感のあるアイシャドウは、
自分には、なんだか違う気がします。
 
カネボウ ルナソルさんのブラウンの赤茶よりの色を使っていますが、
アイホールの中央は避けて目尻側の、
どの辺まで入れれば良いのかも教えて頂きたいです。
 
ブラウンよりはオレンジ系の色の方が誤魔化せるとも聞いた事がありますが、
如何なものでしょうか?
 
オレンジでも、かなりバリエーションがありますよね。
オレンジなら、明るいオレンジ系が良いのでしょうか?
暗めのオレンジ系が良いのでしょうか?
 
お忙しいとは存じておりますが、どうぞ宜しくお願い致します。
 
 
 
 
** それでは、お答えして参ります **
 
READ MORE

ハイライトが浮いてヨレてしまう原因

本日も読者様からのご質問をご紹介して参りましょう。
 
 
《本日のご質問》
 
あい先生、お久しぶりです。
いつも楽しみに読んでいます。
また質問させていただきたくメールしました。
 
私事ですが、出産を経て、
肌のコンディションも以前とは変わってしまい、
持っているメイク道具では、
どうもしっくりこなくなってきてしまいました。
 
メイクをしても顔がパサつくような、疲れているような。
ということでメイクについて迷走しています。
 
さて、そんなことは置いといて。
最近ハイライトを使ってみようと、
ペンタイプの繰り出し式のものを買って見ました。
(エクセルというブランドのものです)
 
ほうれい線のあたりにヒゲのように3本横に、
目の外側にCの字を書くように入れて、
そのあと指でぼかしています。
 
…が、時間が経つとシワのところがパサパサ?
というかヨレて溜まっているのか、
なんともババくさいような感じになってしまっています。
 
(そもそもハイライトを入れたかったのは、
ほうれい線をごまかすためと
クマを目立たなくするためだったのに…)
 
何か入れるコツはありますか?
 
お返事お待ちしています。
お仕事頑張ってください。
 
 
 
 
** それでは、お答えして参ります **
READ MORE

目尻のアイラインが涙で滲んでしまう方へ

アイライナーの種類を大きく2つに分けるとすると、
 
・リキッドアイライナー
・ペンシルアイライナー
 
の2種類に分けることができます。
 
 
この2種類以外にも、ジェルアイライナーなどもありますが、
ジェルアイライナーは、
基本的にリキッドアイライナーとペンシルアイライナーの
中間のような立ち位置なので、ここでは割愛します。
 
 
 
さて、それぞれの特徴を完結に挙げるとすれば、
 
READ MORE

知らず知らずのうちに、ファンデーションを2つ使っていませんか?

当スタジオでは、メイクレッスンにいらっしゃる際に、
普段お使いのお化粧品をご持参頂きます。
 
そして、それをズラッと並べていただいて、
それらを使いながらメイクレッスンをしていきます。
 
時々、お色が合っていなかったりするものもあるので、
そういった場合は正直に、
「これは合っていません」ということをお伝えします。
 
 
お客様がご持参頂くお化粧品を見ていると、
知らず知らずのうちにファンデーションを2つ、
使ってしまっているパターンを見かけます。
 
それは、
リキッドファンデもしくはクリームファンデの上に、
パウダーファンデを重ねてしまっているというケース。
 
READ MORE

眉毛を見せるか見せないかで大きく変わる第一印象

メイクレッスンにいらっしゃるお客様が、
よく、こんな風におっしゃっているのを聞きます。
 
 
「眉毛は、どうせ前髪で隠れるから、いつも適当なんです。。」
 
とか、
 
「眉毛がうまく描けないから、いつも前髪で隠しているんです。。」
 
とか。
 
 
READ MORE

  • facebookページでも連載しています。「いいね!」を押してニュースフィードでチェックできるようにしましょう。

  • この内容はメールマガジンの配信も行っています。読者登録されたい方はコチラから無料登録できます。

  • メッセージ・ご感想・メイクのお悩み投稿、セミナー、講演、イベント出演などの依頼はコチラのフォームから。


BACK TO TOP