LOGIC

Ai TERANAGANEがメールマガジン、
Facebookで配信している
「メイクアップ人生」のバックナンバー。

チーク選びに大事なのは色だけじゃない!質感も吟味して

よく、お客様から、
「私はどんな色のチークが似合いますか?」
というご質問をいただくことがあります。
 
チークというのは、ポイントメイクの中で、
最も広い面積である「頬」に着色するもので、
どんな色味のものを選ぶのかというのは、とっても大事です。
 
しかし、色味だけではなく、
「質感をどうするか?」ということも、
同じくらい大事なんです。
 
 
ですので、お客様にアドバイスをする際には、
「明るめのピンク系で、マットなタイプ」とか、
「オレンジ系で、ややパールが入っている感じ」というように、
色味だけでなく、質感についても加えてアドバイスをしていきます。
 
 
 
READ MORE

フェイスパウダーの裏技!

フェイスパウダー。
粉おしろいとも呼びます。
 
この使い方、基本に忠実に使うとなると、
 
・蓋をあける。
   ↓
・中蓋に開けられている数箇所の穴から粉を出し、
 付属のパフにつける。
   ↓
・パフを揉む。
   ↓
・お顔に付ける。
 
という手順だと思います。
 
 
きっと、そのように使われている方がほとんどでしょう。
 
もちろん、それは間違いではないのですが、
もっと画期的に使うことができる裏技を、
今日はご紹介していきます。
 
 
 
この方法をすると、
メイクレッスンなどにいらっしゃったお客様の多くが、
 
「へぇ〜、そうやって使うんですね〜、知らなかった!」
というリアクションをされます。
 
READ MORE

クリームチークとパウダーチーク、どっちが良い?

クリームチークと、パウダーチーク。
こうして文字を見れば、
クリームとパウダーの違いだということが一目瞭然です。
 
しかし、実際の商品を見比べてみたときに、
意外とその違いに気付かず、
 
クリームチークなのに、
パウダーチークのように使っていたり、
パウダーチークなのに、
クリームチークのように使っていたり。
 
READ MORE

『適量』という言葉の意味

当スタジオで行っているメイクレッスンは、
基本的に、いつもお客様がお使いになっている化粧品を
ご持参いただき、


それらの色味などをチェックしながら、
使えるアイテムは使って、、、
というように進めていきます。




下地やファンデーションなど、
高価な、とても良質なベースメイク品をお使いになっている方も
いらっしゃるのですが、


残念ながら、せっかくの良質なアイテムの良さを、
ちゃんと生かしていない方も、多いように感じます。




その原因の1つに、
「使用量が適量でない」というケースが、
よく見受けられます。


READ MORE

ホテルなどの暗い場所でメイクをするときのコツ

読者様から頂いたご質問をご紹介して参ります。




***


こんにちは、あい先生。
以前何度かメールさせていただいたことがあります。
また久しぶりにメールします。


早速なのですが、
私は以前先生のメルマガで、一番全部が見えるのが太陽光であり、
メイクをする際はその日一番長く過ごすであろう環境の光に似た
明るさでのメイクをするのが好ましく、
明るすぎても暗すぎてもダメだということを学びました。


しかし、旅行などでホテルに泊まると、
意外と洗面所にしかメイクをする場所がなく、
暗かったりすることも多いのです。


そんな場合なるべく、
窓辺に手持ちの鏡を持って行ってメイクをするようにしているのですが、
そうもいかない時もあります。


こういうシチュエーションのとき
(必然的に暗くなる、もしくは明るい場所でのメイク)で
気をつけることはありますか?
それとも何か他にできることはあるのでしょうか?


アドバイス、よろしくお願いします。


***



READ MORE

  • facebookページでも連載しています。「いいね!」を押してニュースフィードでチェックできるようにしましょう。

  • この内容はメールマガジンの配信も行っています。読者登録されたい方はコチラから無料登録できます。

  • メッセージ・ご感想・メイクのお悩み投稿、セミナー、講演、イベント出演などの依頼はコチラのフォームから。


BACK TO TOP