COLUMN

Ai TERANAGANE 公式ライン
アカウントから配信している
メイクコラムのバックナンバー

色物よりもブラシに意識を置く

さて、今日の本題に入りましょう。
今日は、メイクの仕上がりをぐんとアップさせるメイクブラシについて、
お話していきたいと思います。
サロンでメイクレッスンを行う際に、
ご自身がいつも使われている化粧品をご持参頂くことがあります。
ある程度一式を持って来て頂くのですが、
皆さんがお持ちの化粧品を見ていると、
色物はたくさん持っているのに、
ブラシを一本も持っていないという人が実に多いです。
アイシャドウパレットや口紅は、
とても高価なものをたくさん持っているのに、
ブラシが一本もない。
パレットに付属されている小さなブラシで対応している人が多いのです。
せっかく良質の色物を持っているのに、
ブラシがいまいちだともったいないのです。
画用紙に絵を描こうとするときに、絵の具はたくさんあるのに、
筆が一本も無いのと同じ状況なのです。
メイクブラシはとても大事です。
色物をどんどん増やしたいとお考えの方は、
一度考え直して、
メイクブラシもきちんとしたものを揃えるようにしてみて下さい。
そうすると、今迄持っていた色物が、
さらに美しく発色し、より使いこなせるようになるのです。
美しく発色すると時間が経ってもくすみにくくなります。
さて、そんなメイクブラシの選び方ですが、
いろんなメーカーから様々な形や毛質のブラシが発売されているので、
なかなか選ぶのが一苦労というのも事実です。
そして無意識のうちに「毛が柔らかいブラシ=良質のブラシ」と、
思い込んでいる人が多いようです。
もちろん、
バサバサで肌に刺激を与えるようなブラシは良く有りませんが、
柔らかいブラシだけでなく、
「コシのあるブラシ」というのもメイクには必要になってきます。
基本的には以下のように考えて下さい。
・面積の広い部分に色を乗せる場合は、柔らかい毛のブラシ
・面積の狭い部分に色を乗せる場合は、コシのある毛のブラシ
です。
そう考えると、具体的は以下のようになります。
フェイスブラシ、チークブラシ、ハイライトブラシは、
なるべく毛質が柔らかいものを選びましょう。
アイシャドウブラシは、ややコシのある毛質のブラシを選びましょう。
アイブロウブラシ、アイライナーブラシは、
わりとコシのある毛質のブラシを選びましょう。
面積が広いものほど柔らかいブラシを使うことが大事なのです。
特に、仕上がりに大きくブラシの質が影響するのは、チークでしょう。
どんなに高価なチークカラーを使っていても、
質の良くないチークブラシで乗せてしまっては、
せっかくのチークカラーも台無しです。
それならば、手頃な価格のチークカラーを、
良質なチークブラシで乗せた方が、仕上がりは断然キレイです。
これからブラシを揃えようと思っている方は、
一気に全てを揃えるのはなかなか大変ですので、
まずはチークブラシからゲットしてみてはいかがでしょうか。
なかなか購入を躊躇してしまいがちなメイクブラシですが、
正しく扱えば、かなり長い年月の間、
活躍してくれるアイテムですから、
専用のブラシクリーナーとともに使用して、
大切に扱っていきましょう。
メイクブラシをシャンプーとリンスで洗う人もいますが、
たしかに毛の部分はしっとりするかもしれませんが、
リンスのついた毛を顔につけるのは、
肌への刺激になりかねませんので、
肌の弱い方は要注意です。

美しく仕上がる超基本のベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化したAi TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

しっかり自然に隠れるAi TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤み消し!Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい、Ai TERANAGANEの「make up SPONGE」はこちら

ベースメイクの仕上げに。Ai TERANAGANEの若見えフェイスパウダー「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!Ai TERANAGANEの「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。「KAGEKESHI powder PINK」はこちら

■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!イベント情報ページはこちら

■Ai TERANAGANE 公式ラインアカウント登録はこちらから 
※2020年8月より、メルマガ配信もこちらから行っております!

BACK TO TOP