LOGIC

Ai TERANAGANEがメールマガジン、
Facebookで配信している
「メイクアップ人生」のバックナンバー。

メイクワードで検索

コスメ収納のお話

私独自の考え(感覚)に過ぎないのですが、
メイクが好きな方、
メイクが楽しいと感じている方、
日々メイクを変えようと思っている方は、
コスメの収納方法にも気を配っている方がほとんどなのでは、
と、思います。
お料理が好きな方が、
いろんな調味料がパッと一目で分かり、
サッと手に取れるように配置しているのと同じように、
お掃除が好きな方が、
いろんな種類の掃除道具の置き場所を工夫するのと同じように、
メイク好きな方が、
コスメの収納に工夫をするのは当然の流れかなと思います。
続きを読む

読者様Q&A「美しくなるために」

今日は、回答内容に共通点がある、
2つのご質問を取り上げて参りたいと思います。
今回の回答は本日でラスト。
100%お答えしたつもりですが、
もし「届いていない!」という方がいらっしゃいましたら、
ご一報くださいませ。
それではまず、1つ目のご質問から。
* * *
早速ですが…
ときどき、眉毛描きすぎな人や、
チーク入れすぎな人を見かけることがあります。
(私基準ですが…)
なんで気がつかないの?と思う一方、
私自身ももしかすると他の人から見れば濃かったりするかもしれません。
チークなどは色が付いてないと物足りなく感じるし…
そこで、適度を知るにはどうすればいいのか教えていただければと思います。
夫に今日化粧濃いかな?なんて聞いても、
大丈夫だよとしか言われないので(きっと見慣れているでしょうし)…
よろしくお願いいたします!
* * *
それでは、お答えして参ります!
続きを読む

マンネリメイクから抜け出す方法

メイクレッスンにいらっしゃる方や、
メルマガ読者の方からお聞きするお悩みの中で、
意外と多いのが、このお悩み。
 
「いつも同じメイクになってしまう・・・」
 
 
これ、言い方を変えてみると。
 
「いつも同じメイクになってしまう」ではなく、
「いつも同じメイクをしてしまう」です。
 
 
つまり、
 
いつも同じアイテムを使い、
いつも同じ方法でメイクをしているから、
いつも同じメイクをしてしまっているのです。
 
 
考えてみれば当然なのですが、
なぜいつも同じアイテムを使い、
なぜいつも同じ方法でメイクをしてしまうのでしょうか。
 
 
その原因を細かく考えてみましょう。
続きを読む

本当はどうなりたいですか?

メイクレッスンにいらっしゃるお客様と日々接していて、
感じることがあります。
 
それは、自分がどうなりたいのかという願望には、
2種類あるということ。
 
 
 
それは、
 
・「自分はこうあった方がいいんだろうなぁ」という、
本来の願望に蓋を閉めた建前の願望
 
そして、
 
・建前を取っ払った本来の願望
 
この2つです。
 
 
続きを読む

読者様Q&A「お化粧品にどのくらいお金をかける?」

《ご質問内容》
 
寺長根先生こんばんは。
いつもメルマガを楽しく読んでいます。
 
お化粧品の流行と年間予算の立て方について質問です。
 
毎シーズンごとに新色が出たり、
季節ごとに雑誌ではアイシャドウや美容液の新商品が紹介されますよね。
ですが私にはそれが負担です。
 
アイシャドウを買い換えるとなると、
口紅やチークも揃えないとちぐはぐになってしまいます。
 
お化粧をしたらクレンジングもきれいにしないと肌も傷みます。
 
ドラッグストアで自分で色を選んで買うと失敗してしまったり、
かと言って店員さんのアドバイスが欲しくてコスメカウンターにいくと、
前回にたまたま頑張ってたくさん買ったときなどは、
今回もたくさん買わざるを得ないような雰囲気になってしまい、
経済的に厳しいときもあります。
 
お化粧も服に合わせないとダサくなるような気がして、
楽しいはずのおしゃれが辛くなります。
 
皆さんどれくらいお金をかけているんだろうと思います。
クレンジングと美容液とフェイスパウダーには
お金をかけるべきだと思っているのですが……。
 
お金の話は人に聞きづらくてとても悩んでいます。
流行との上手な付き合い方、
お化粧品を買う上での上手な予算の立て方などが知りたいです。
 
お忙しい中最後まで読んでくださりありがとうございます。
よろしくお願い申し上げます。
 
悩める読者より
 
 
 
《それでは、お答えして参ります》
 
続きを読む

読者様Q&A・就活メイクから紐解く『自分がどう見られたいのか』

《ご質問内容》
 
いつも勉強になるメールマガジンをありがとうございます。
早速質問です。
 
就活メイクについてです。
普段からメイクはあまりしません。興味はあります。
社会人になったらしたいと思って、
こちらのメールマガジンで勉強してます。
 
就活ではノーメイクはNGと聞きました。
でもどこまでメイクをしていいのか解かりません。
 
私はメガネもかけています。
眉毛は眉頭から眉尻まで
わりとしっかりしているのでそのままにしていますが、
 
友達には眉尻は細くしてみたらとか、
全体に濃すぎる(毛が多い)と言われます。
 
就活でも眉は整えるのでしょうか?
先生によっては自然のままでいいと言われます。
 
アイメイクはメガネなので省いてもいいのかと思いながら
アイシャドーは勧められたピンクを使っています。マスカラはしません。
 
就活の場合、チークは入れなくてもいいと言われ、省いています。
リップはアイシャドーに合わせてピンクを使っています。
 
メイクのせいではないと思いますが、なかなか内定がもらえず悩みます。
学生でお金もあまりないので、化粧品もたくさんは買えません。
就活メイクで必要なものと、省いていいものを教えてほしいです。
よろしくお願いします。
 
悩める19歳より
 
 
 
 
 
 
《それでは、お答えして参ります》
 
続きを読む

何度も言います!ビューラーには寿命があります!

先日、メイクレッスンにいらしたお客様。
立て続けに2名、
すでに瀕死状態のビューラーを使っていました。
 
 
 
 
「こ、これはすでに寿命を迎えております・・・」
 
 
 
そうお告げしますと、
どちらの方も、
 
 
 
「じゅ、寿命があるのですか!」
 
続きを読む

手はタオルじゃない

ちょっとしたことなんですが、
とっても大事なことなので、
あえて今日のテーマに。
 
先日の猛暑、外にいるだけで、汗だく・・・。
もうメイクなんて崩れちゃうのが当たり前・・・。
そんな風に感じていたりしませんか?
 
でも、そんなことないんです。
 
 
汗だくの日でも、
メイクをきちんとキープさせるには、
使うアイテムやテクニックも大事ですが、
それと同じくらい大事なのが、
「日常のちょっとした所作」なのです。
 
 
 
以前にも、
日中、メイクした顔を絶対に手で触らないことが大事!
とお伝えしたことがありますが、
 
汗をかく時期は特に、本当にそれが大事なんです。
 
続きを読む

うまくいかないのは《力み(りきみ)》が原因かも?

きっとまだ世の中には、
メイクロボットを自宅に従えて、
毎朝、AIにメイクを考えてもらって、
ロボットにメイクをしてもらう!
 
なんていう人は、多くないはずです。
(研究段階であっても、少数は、いるのでしょうね。)
 
 
もしそんなメイクロボットが一般に普及したら、
きっとそのロボットは、
お肌に負担をかけない強さを計算し、
毎日安定した技術でメイクをしてくれるでしょう。
 
いや、もしかしたら全部スプレータイプかも。
 
そういえば以前に、
洗濯機みたいな機械に顔を突っ込んで、
自動的に液体がスプレーされてメイクが出来上がる、
みたいな機械を動画か何かで見たかも・・・
(ただの空想なのか実現しているのかは定かじゃないけど)
 
 
話はそれましたが。
続きを読む

シミ、どこまで消せばいいの?

読者様から頂いたご質問にお答えするQ&Aシリーズです。
今日のご質問は、こちら。
 
 
***
 
こんにちは。
初めて投稿します。
ファンデーションについての質問です。
「どこまで消せばいいの問題」
 
これまで使用したファンデは、リキッドとクリームのみです。
保湿とカバー目的で選んだらこうなりました。
 
シミやクマを隠す為にコンシーラーも併用していますが、
「消す」ことに集中していくと、
どこまでも消したくなります。
 
そうすると、
どこまで消せば消えたことになるのかが、分からなくなります。
 
コンシーラー→ファンデ→またコンシーラー
これじゃメイクを楽しめませんねぇ。
 
人と話す時は大抵1メートル以内の距離が多いです。
けれど、鏡は30センチ以内です。
 
たまに拡大鏡も使うので、
そうなると”ミクロの世界へようこそ”となります。
 
シミというのは厄介で、
自覚している分小さくてもそこだけに焦点が当たってしまい、
人と会ってても「消えているか?!」と思う場合もあります。
そうなるともうシミしか考えません。
これはほとんど病気ですよ。
 
どこまで消せばいいんでしょう。
どこまで消せば人は気づかないんでしょうか。
 
なかったことにしちゃうぞ!という商品の謳い文句が、
すっかり信用出来なくなりました。
 
コスメ難民にアドバイス願います。
 
匿名希望のコスメ難民より
 
 
 
***
 
 
 
 
それでは、お答えして参ります。
 
 
「どこまで消せばいいのか」というご質問に対して、
明確に「ここまで!」というガイドラインを示すのは、
なかなか難しいことではありますが、
 
多くの悩める女性と接してきて、
私が思うことを、書かせて頂きますね。
 
 
 
私が今よりもずっと若かった駆け出しの頃、
お客様との会話の中で、
 
「私、このシミがどうしても気になるんです。」とか、
「私、このシワをどうにかしたくて・・・」など、
悩んでいることをお客様は打ち明けてくれているのに、
 
「そんなことないですよ」とか、
「そんなに目立たないですよ」という言葉を、
私は返してしまっていました。
 
 
もちろん私の言葉は、決してお世辞などではなく、
「客観的に見たら気にならないですよ」という意味なのですが、
 
この「客観的に見たら気にならないですよ」が、
決してお客様にとって、
解決になっているわけではないということを、
それからしばらくして気付くことができました。
 
 
「客観的に見たら気にならない」ということが事実なのであれば、
「お客様自身は、やはり気になる」ということも、
やっぱり事実なのです。
 
そして、客観的な意見を押し付けるのは、
「気になっているというお客様の主観」を否定することにも繋がり、
結果、何の解決にもならない、と。
 
 
なので今の私は、
主観も客観も事実であり、その両方を認識した上で、
バランスの良い解決策を見出すことが大事であると、
考えるようになりました。
 
お客様の主観も、きちんと受け止める。
そして、客観的な意見も伝える。
その上で、どうするか。
 
そしてその解決策というのは、
お客様によって様々、変わってきます。
 
 
 
さて、前置きが長くなりましたが、
本題に戻りましょう。
 
 
 
ご質問文を読んでいると、
お悩みの根源を、
既にご質問者様自身が把握されているように思います。
その上で、どうすればいいのかを迷われているように、思います。
 
お悩みの根源を紐解いていくと、
こうなります。
 
 
 
ベースメイクにおいて、
自分が気になるシミなどを、完璧に隠したい。
 ↓
そのためには、ファンデーションもコンシーラーも、
しっかり頑張らなきゃ。
 ↓
ファンデーション塗って、コンシーラー塗って、
まだ隠れていないからもう一度ファンデーション塗って・・・
 ↓
なんだか大変・・・疲れる・・・ストレス・・・
 ↓
そもそも、こんなに頑張る必要ってあるのかしら?
他人からは見えているのかしら?
 ↓
でも自分は気になる。
完璧に消さないと心配。
でも疲れる。
 
 
きっと、こんな感じのスパイラルなのではないでしょうか。
 
 
このように紐解いて行くと、
一番の解決策は、
 
「他人から見てもシミがちゃんと隠れていて、
尚且つ、自分的にも満足する仕上がりになり、
更にそれが簡単にできる。」
 
ということになるかと思います。
 
 
 
もちろん、客観視だけに重点を置けば、
他人から見た視点だけを気にすればいいので、
 
「1メートルの距離から見た時に消えていれば大丈夫ですよ」
 
となりますが、
 
 
それを理解したとしても、
やはり自分の中で気になるのであれば、
心が晴れないのが現実だと思うんです。
 
 
なので、優先順位を変えてみましょう。
 
 
 
 
まず先に、客観ではなく、主観を大事にする。
そして、それで終わるのではなく、
次にそれが客観的に見て大丈夫なのかを考える。
 
それが最も気持ちが健全でいられる思考順なのではと思います。
 
 
つまり、まずは他人からの見た目を気にせず、
自分が満足するメイクを目指す。
 
ご質問者様の場合、
30センチ程の距離で鏡を見た時に、
ちゃんとシミが隠れているかどうかを見る。
 
ただし、そうして仕上げた場合、
もしかしたら、
やや厚ぼったいベースメイクになってしまっている可能性もあるので、
その点において、客観的に見た時にどうなのかを考える。
 
正直な意見を言ってくれる身近な方へ、
意見を求めても良いでしょう。
 
 
厚ぼったさが気にならないのであれば、
そのままでも良いですし、
 
厚ぼったさが気になるようでしたら、
更なる改善の余地があるということです。
 
 
 
 
このようにして、テクニック云々よりも、
まずは主観、客観、どちらを優先して考えるのか、
その順番を決めるだけで、解決の糸口が見つかるのでは、と思います。
 
どちらを優先しても良いのです。
ただし、どちらかを優先したとしても、
きちんと両方を考える必要があります。
 
 
 
少しでもご参考になれば幸いです。
 
 
 
 
************
 
【 ビギナーズメイクレッスン2day’s ・札幌限定】
 
このレッスンでは私、寺長根愛も一緒にすっぴんになり、
基本の「き」からメイクレッスンを行います。
1名様でも受講可能です。(最大2名様まで)
 
・今まで一度もメイクをしたことが無いという方。
・子育てや仕事に追われ、メイクをしない期間が長くなり、
メイクの仕方を忘れてしまったという方。
・今しているメイクに納得がいかず、
もう一度、基本から習い直したいという方。
 
大事な大事な基礎の部分をレッスンしていきます。
必要なアイテムは教材として、
それぞれ皆さんに合った色を選んでお渡し致します。
 
「教材内容」(フルメイクに必要なセット)
ビギナーズメイクアップレッスン 教材一覧
 
□メイクアップベース 3780円
□ARAKESHIファンデーション 5400円
□コンシーラー1色 2160円
□フェイスパウダー 4320円
□アイライナーペンシル 2376円
□ビューラー 1080円
□マスカラ 3672円
□アイブロウペンシル 2808円
□アイカラー2色 3456円
□リップ1色 3024円
□チーク1色 1728円
□KAGEKESHI powder 2160円
□スポンジ 648円
□パフ 432円
 
受講料 69444円
※教材費(37044円)含む
 
■お申し込み方法
メール ai@ai-teranagane.jp 迄
 
お名前(1名様もしくは2名様)ご連絡先お電話番号
受講希望日を複数ご記入をお願いします。
※受講希望日は、4〜5日程の候補を挙げて頂けるとスムーズです。
その中からスケジュールを合わせて、2日程を決定致します。
※所要時間 1名様でご受講の場合は1回約2時間半、
2名様でご受講の場合は1回約3時間となります。
 
・お支払いは初回受講日となります。(現金orクレジット)
・開催場所は Ai Teranagane make up studio となります。
 (札幌市中央区南2西6 大友ビル4階)
 
 
***************
 
【 札幌にスタジオがございます 】
 
ご自分のお化粧品をご持参してのマンツーマンメイクレッスンや、
お出かけ前のヘアメイクも承っております。
詳しくはホームページをご覧ください。
http://ai-teranagane.jp
 
**************
 
【 メイクアップアーティスト育成アカデミー随時開講中 】
 
当アカデミーは寺長根愛によるマンツーマン徹底指導。
短期集中型なので、転職を目指す社会人の方にもお勧めです。
初心者も経験者もOK。お問い合わせ、資料請求は下記まで。
 
ai@ai-teranagane.jp
011-251-2566
 
***********
 
『 メイクアップ人生 』
発行元 Ai TERANAGANE make up studio
発行責任者 寺長根 愛
 
■オフィシャルホームページ
http://ai-teranagane.jp
■オンラインストア
http://www.ai-teranagane.jp/onlinestore/
■メッセージ・ご感想・メイクのお悩み・セミナー・出張依頼
info@ai-teranagane.jp
■Facebook page
https://www.facebook.com/AiTeranagane
https://www.facebook.com/ailogic.makeuplife/
 
******************
  • facebookページでも連載しています。「いいね!」を押してニュースフィードでチェックできるようにしましょう。

  • この内容はメールマガジンの配信も行っています。読者登録されたい方はコチラから無料登録できます。

  • メッセージ・ご感想・メイクのお悩み投稿、セミナー、講演、イベント出演などの依頼はコチラのフォームから。


BACK TO TOP