LOGIC

Ai TERANAGANEがメールマガジン、
Facebookで配信している
「メイクアップ人生」のバックナンバー。

メイクワードで検索

読者様Q&A「美しくなるために」

今日は、回答内容に共通点がある、
2つのご質問を取り上げて参りたいと思います。
今回の回答は本日でラスト。
100%お答えしたつもりですが、
もし「届いていない!」という方がいらっしゃいましたら、
ご一報くださいませ。
それではまず、1つ目のご質問から。
* * *
早速ですが…
ときどき、眉毛描きすぎな人や、
チーク入れすぎな人を見かけることがあります。
(私基準ですが…)
なんで気がつかないの?と思う一方、
私自身ももしかすると他の人から見れば濃かったりするかもしれません。
チークなどは色が付いてないと物足りなく感じるし…
そこで、適度を知るにはどうすればいいのか教えていただければと思います。
夫に今日化粧濃いかな?なんて聞いても、
大丈夫だよとしか言われないので(きっと見慣れているでしょうし)…
よろしくお願いいたします!
* * *
それでは、お答えして参ります!
続きを読む

マスカラって何のために塗るの?

なんとなく、とりあえず、
惰性でマスカラを塗っている方も多いのではないでしょうか。
 
ご自分が使っているマスカラが、
ロングラッシュなのか、
ボリュームアップなのか、
カールキープなのか、
どのタイプなのかを把握していない方も少なくありません。
 
 
そこで今日は「いつもなんとなくマスカラを塗っている」という方へ、
マスカラの役割を、再び考えてみて頂ければと思います。
 
 
続きを読む

アイラインは不要!?ちょっと待って!いろんな情報に惑わされないで!

先日、用事と用事の合間に少し時間があったので、
近くの書店へ、ふと立ち寄りました。
 
で、ふらっと美容コーナーへ。
 
ダイエット本とかメイク本とか、たくさんあります。
 
普段あまり、というかほとんど見ないのですが、
何冊かペラペラと。
 
その中で、ふと目に留まったところがありました。
 
それは。
 
 
 
アイラインなんて、引けなくて当たり前。
あんな立体感のある部分に綺麗な線を引くなんて、所詮無理。
しかも、アイラインなんて日常生活には不必要。
撮影でもない限り、必要ないんです。
 
 
 
という内容。
 
細かな表現は違えど、
ざっとこんなことが書かれていました。
 
続きを読む

いつも使っている化粧品、化粧道具、 こんな風になっていませんか?

化粧品や化粧道具を、
大切に、正しく清潔に使うのが大事ということは、
誰もが分かっていること。
 
しかし、意識しているつもりでも、
気がつくと「あれ?なんだか使いにくくなってる・・・」
 
そんなことって、多々あります。
 
 
 
そこで今日は、
ご自身の化粧品、化粧道具が正常な状態をキープできているかどうか、
ぜひチェックしてみて頂きたいと思います。
 
 
 
 
 
■アイシャドウの表面が硬く膜を張ったようになっている。
 
使っているうちに、アイシャドウの表面が硬くなってきて、
少しずつ硬い膜が張ったような状態になり、
最終的には、
アイシャドウが取りにくくなってしまう現象。
 
続きを読む

メイクレッスンを受けられた方が思うこと

当スタジオでは、
マンツーマンメイクレッスンを随時行っているのですが、
 
そのレッスンを受けられた方が、
「それは目からウロコ・・・」
というようなリアクションをされる箇所には傾向があります。
 
多くの方がそのようなリアクションをされる箇所というのは、
つまり、多くの方が知らずに損をしている箇所ということ。
 
今日は、そんなベスト10を、ご紹介していきます。
 
 
 
 
第10位「眉毛って、そこから描くんですね!」
 
眉毛を描き始める位置。
現在のトレンドも加味して考えるなら、
眉中(眉頭と眉山の間・黒目の上あたり)から
描き始めるのが理想的です。
 
しかし、眉頭や眉山から描き始める方も多く、
このようなリアクションをされる方は多いです。
 
 
 
第9位「そういうスポンジがいいんですね!」
 
ファンデーションを塗るとき、
指の圧が直接肌にかからないように、
2センチくらいの厚みがあるスポンジをお勧めしています。
 
パウダーファンデに付属されているような、
薄型のスポンジを使われている方や、
使い捨てタイプを使われている方は、
このようにおっしゃることが多いです。
 
続きを読む

マンネリメイクから抜け出す方法

メイクレッスンにいらっしゃる方や、
メルマガ読者の方からお聞きするお悩みの中で、
意外と多いのが、このお悩み。
 
「いつも同じメイクになってしまう・・・」
 
 
これ、言い方を変えてみると。
 
「いつも同じメイクになってしまう」ではなく、
「いつも同じメイクをしてしまう」です。
 
 
つまり、
 
いつも同じアイテムを使い、
いつも同じ方法でメイクをしているから、
いつも同じメイクをしてしまっているのです。
 
 
考えてみれば当然なのですが、
なぜいつも同じアイテムを使い、
なぜいつも同じ方法でメイクをしてしまうのでしょうか。
 
 
その原因を細かく考えてみましょう。
続きを読む

リップメイク・仕上げに綿棒のススメ

今日は私自身が実際に毎日行っている、
リップメイクのちょっとしたテクニックをお伝えします。
 
最近はヌーディーカラーを使うことが少なく、
質感は様々ですが、
割と色味のあるものを使うことが多いです。
 
トレンドもありますが、
春を先取りしたメイクをしたい気分もあり、
ピンク系、レッド系をよく使います。
 
 
ただ、輪郭はっきりで口元が目立ちすぎるのも、
あまり好みではないので、
 
色味が鮮やかであっても、
さほど強調しすぎない感じにするために、
リップメイクの仕上げに綿棒を使います。
 
ぜひ皆さんもトライしてみてくださいね。
 
 
 
手順は以下の通りです。
 
続きを読む

ラベンダーカラーがトレンド真っ只中

昨年末くらいから、ちらほら目に留まるようになっていた
「ラベンダーカラー」。
 
透明感のある薄紫色。
 
年が明けて日が経つに連れ、
街中ではこのラベンダーカラーがどんどん増量され、
かなり猛威を振るっている様子。
 
確かに、久々のパープル系トレンドといいますか、
ちょっと目を引く色です。
 
 
 
このラベンダーカラー。
 
女性らしさ、上品さ、エレガントさをイメージさせる色ですが、
今年のトレンドは透明感のある、黄ばんでいない、綺麗なラベンダー。
なので、どこか清楚なイメージも付いてくるようなイメージです。
 
さて、これをメイクにもぜひ取り入れたい。
 
続きを読む

読者様Q&A【トレンドも意識した大人の眉毛の整え方】

それでは、早速本日のご質問。
 
***
 
眉について、ここ数年悩んでいます。
私は、現在アラフォー真っ只中!
 
メイクをし始めてから
眉カットハサミを使って
眉尻をメインに自分でカットをしながら
長年眉を書いてきています。
 
どちらかといえば眉が生まれつき太く
眉尻がボーボー?!気味で
カットしないと眉山がズレ
眉尻の最後がスーっと細くなりません。
眉の通り書くと眉尻が三角?みたいになります。
 
ただ年齢が上がるにつれ、このまま同じ眉の形では
なんとなくシックリいかない気がしてきていました。
 
眉にもトレンドがあるので、
なんとなく、細い時代には細め等々
自分なりに工夫してきたつもりなのですが、
 
アラフォーになってきて
トレンドを取り入れながら
眉をどんなふうに書いていったらよいか
悩むようになりました。
 
そこで、数カ月前から
眉の形を変えられるようにと決意し
眉カットを封印して、伸ばしました。
 
ただ今度は、伸ばしたはいいものの、
どのようにカットをしたらよいのか?
眉カットってプロの先生は
どんなふうに考えられているのかな~と。。
 
実際の眉の状態が分からないので難しいと思うのですが
眉カットや眉の書き方の
チョットしたコツがありましたら
教えて頂ければ嬉しいです!
 
 
***
 
 
それでは、お答えして参ります。
続きを読む

今こそ下まつげのマスカラをきちんと!

下まつ毛。
 
なんとなく、ほおっておきがちな部分ではないでしょうか。
 
 
 
その理由としては、
・マスカラを塗ってもたいした変わらない気がする。
・逆まつげになっていて、マスカラが塗りにくい。
・マスカラがゴテゴテになってしまい、奇麗に塗れない。
 
などが代表的な理由だと思います。
 
 
しかしながら、
やっぱり今こそ、下まつ毛メイクを丁寧に行うべきです。
 
 
続きを読む
  • facebookページでも連載しています。「いいね!」を押してニュースフィードでチェックできるようにしましょう。

  • この内容はメールマガジンの配信も行っています。読者登録されたい方はコチラから無料登録できます。

  • メッセージ・ご感想・メイクのお悩み投稿、セミナー、講演、イベント出演などの依頼はコチラのフォームから。


BACK TO TOP