LOGIC

Ai TERANAGANEがメールマガジン、
Facebookで配信している
「メイクアップ人生」のバックナンバー。

メイクワードで検索

読者様Q&A「日中、メイクしたお肌をどうやって潤す?」

《ご質問内容》
 
これからの時季にいつも感じているお悩みポイントのご相談です。
 
暖房のきいた室内にいると、
お肌がものすごく乾燥するのですが、
 
メイク(ファンデーション)をしているときに
どうしても保湿したいときにはどのような方法がベストでしょうか?
 
パウダーで仕上げているお顔の上から
保湿クリームを乗っけてもよいものか?と思いながら、
これまではそうしてしまっています。。。
 
クリーム系でよいのか?といったテクスチャーのこと、
そして保湿の仕方(そもそもメイクの上からつけてもよいのか??等々・・)
御指南いただけますと幸いです
 
よろしくお願いいたします
 
 
 
《それでは、お答えして参ります》
 
続きを読む

崩れ方から検証するメイク崩れの原因

メイク崩れ。
これって本当にストレスですよね。
 
 
忙しくてメイク直しができなかった日は、
「あ、今テカってるかも・・・」と心配になったり、
 
お手洗いで鏡を見た時に、
下まぶたが真っ黒になっていたりしたらガックリ。
 
「こんな顔で人と話してたの〜!?」
 
なんていう経験は多くの方があるのではないでしょうか。
 
 
 
メイク崩れと一言で言っても、原因は様々。
何が原因でメイク崩れが起こっているのか、
「崩れ方」から検証をしてみましょう。
 
 
続きを読む

Q&A 首のシワを目立たなくするメイク&マスカラの塗り足し問題

Q&A 読者様からのご質問コーナー
「首のシワを目立たなくするメイク&マスカラの塗り足し問題」
 
 
 
《 本日のご質問 》
 
こんにちは。
いつも、参考になるメルマガをありがとうございます。
2点相談させていただけますでしょうか。
 
 
<1つ目>
 
私は、今でこそあまりそういう問題がありませんが、
子供のとき〜若い頃には、ひじの内側や首など、
汗がたまるところに湿疹が出てしまって、
ひどくかゆい思いをしました。
 
そういった関係で、
若いときから首に横じわが何筋かできてしまっていました。
 
実年齢が若いときには、
そのしわはそれほど気にならなかったのですが、
現在(40代)になると、写真に写るときなど、
それで老けて見えてしまうように感じられます。
続きを読む

手はタオルじゃない

ちょっとしたことなんですが、
とっても大事なことなので、
あえて今日のテーマに。
 
先日の猛暑、外にいるだけで、汗だく・・・。
もうメイクなんて崩れちゃうのが当たり前・・・。
そんな風に感じていたりしませんか?
 
でも、そんなことないんです。
 
 
汗だくの日でも、
メイクをきちんとキープさせるには、
使うアイテムやテクニックも大事ですが、
それと同じくらい大事なのが、
「日常のちょっとした所作」なのです。
 
 
 
以前にも、
日中、メイクした顔を絶対に手で触らないことが大事!
とお伝えしたことがありますが、
 
汗をかく時期は特に、本当にそれが大事なんです。
 
続きを読む

時間がたってもキレイなリップメイク

唇というのは、
お顔の中で「よく動く部分」であり、
尚且つ「湿り気のある粘膜と隣り合わせ」なので、
この2点は「目」と全く同じで、
リップメイクが崩れやすいのも納得できます。
 
さらに飲食をしたり、しゃべり続けたりすると、
どうしてもリップメイクを美しい状態でキープするのは、
難しかったりしますね。
 
続きを読む

お化粧ポーチの中身・マストアイテム

読者様から頂いたご質問をご紹介致します。

***

普段のお出掛けのときのメイク直しについて質問です。
メイク直しのときはあぶらとり紙を使った方がいいのか、
ティッシュで押さえた方がいいのか、とか、
その後はフェイスパウダー?パウダーファンデーション?

あと、持ち歩きマストなものと、持っておくとベターなものも知りたいです。
たくさんすいません。
どれかひとつでよいので、よろしくお願いします。

***

続きを読む

大量の汗!をかいた後のメイク直しテクニック

この時期、汗をじんわりかくというよりも、
滝のような汗をかいてしまって、
もうどうしたらいいのか・・・

というお声をよく聞きます。

また、時期を問わず、ホルモンバランスの崩れにより、
大量の汗をかきやすくなって困っている
というお悩みを抱えている方も多くいらっしゃいます。

じんわり少しずつ汗ばむのではなく、
短い時間で、一瞬で汗が噴き出すような現象が起こったりするので、

すぐにメイク直しが間に合わなかったり、
随時、汗を抑えることも、ままならなかったりします。

続きを読む

二重・奥二重の線にアイシャドウが溜まってしまう!?

朝のメイクで、丁寧に手順を踏んでアイメイクをしたのに、
いつも時間が経つと、
まぶたの二重の線にアイシャドウが溜まっている・・・

そんなお悩みを持っている方は多いと思います。

まばたきをした時や、
伏し目がちになった時に、
意外と目立ってしまうんですよね。

そうなってしまう原因は、いくつかあります。
ぜひ、以下のポイントをチェックしてみて下さい。

続きを読む

朝のメイクと同じくらい大事!お化粧直しテク

今の季節は、
外気の寒さと屋内の暖房による寒暖差によって、
お肌の調子が狂いがちです。

「乾燥しているのにテカる」という現象が起こりやすい時期。
きっと思い当たる方も多いのではないかと思います。

そこで大事なのが、お化粧直しのテクニック。

せっかく朝、丁寧にメイクを仕上げても、
間違ったメイク直しをしていたら、もったいないですよね。

続きを読む

今日は崩れリスク高い!という日のベースメイク

朝、メイクをする時、
「今日はきっと崩れちゃうんだろうな・・・」という、
ある程度の崩れリスクを予測できる予定の日ってありますよね。

今日はジムに行くし・・・とか、
今日はこの日差しの中、走り回らなきゃいけない・・・とか、
今日はマスクをつけなきゃ・・・とか。

崩れの原因を大きく分けると、3つ。

・水分による崩れ(汗も含む)
・油分による崩れ(使うファンデーションや皮脂も含む)
・摩擦による崩れ

これらの中で、
今日の崩れリスクは、どれに分類できそうかを予測すれば、
ある程度、対策を練ることができるのです。

続きを読む
  • facebookページでも連載しています。「いいね!」を押してニュースフィードでチェックできるようにしましょう。

  • この内容はメールマガジンの配信も行っています。読者登録されたい方はコチラから無料登録できます。

  • メッセージ・ご感想・メイクのお悩み投稿、セミナー、講演、イベント出演などの依頼はコチラのフォームから。


BACK TO TOP