重要なお知らせ オンラインショップ会員のお客さまへ

COLUMN

Ai TERANAGANE 公式ライン
アカウントから配信している
メイクコラムのバックナンバー

うまくいかないのは《力み(りきみ)》が原因かも?

きっとまだ世の中には、
メイクロボットを自宅に従えて、
毎朝、AIにメイクを考えてもらって、
ロボットにメイクをしてもらう!
 
なんていう人は、多くないはずです。
(研究段階であっても、少数は、いるのでしょうね。)
 
 
もしそんなメイクロボットが一般に普及したら、
きっとそのロボットは、
お肌に負担をかけない強さを計算し、
毎日安定した技術でメイクをしてくれるでしょう。
 
いや、もしかしたら全部スプレータイプかも。
 
そういえば以前に、
洗濯機みたいな機械に顔を突っ込んで、
自動的に液体がスプレーされてメイクが出来上がる、
みたいな機械を動画か何かで見たかも・・・
(ただの空想なのか実現しているのかは定かじゃないけど)
 
 
話はそれましたが。

人間のタッチは、繊細な調整ができたり、
それこそロボットが習得するには時間のかかるであろう
「内に秘めたその日の気分」を、
微妙にメイクに反映するということが、人間にはできます。
 
これは素晴らしいことなんですが、
ゆえに、
 
・ついつい力を入れすぎてしまう
・ついつい叩くようにしてしまう
 
ということが起こります。
 
そうなってしまっている方は多いです。
 
 
 
 
何度でも言います。
 
「メイクに力は要りません。」
 
 
 
多くのお客様をメイクさせていただいていて、
「こんなに優しくメイクするんですね・・・」
と、驚かれることは多いです。
 
忙しくて、時間がなくて、早く仕上げようとすると、つい・・
しっかりカバーしようとすると、つい・・
 
でも、力を入れても早く仕上がるわけではないし、
力を入れてもカバー力が上がるわけではありません。
 
むしろ、逆です。
 
無意識のうちに、力みすぎていないか、
ぜひ今一度、見直してみて下さい。
 
 
 
 
【朝のスキンケアは叩かない】
 
よく、化粧水をつける際に、
コットンにつけて、お肌にパチパチ叩くようにつける方法がありますね。
これはこれで、もちろん意味のある方法なので、
絶対にNGとは言いませんが、
 
お肌が弱い方にとっては特に、
パチパチ叩くことで血行が促進され、
皮膚の温度が上がってしまうことがあります。
 
パチパチした時には皮膚表面がヒンヤリするんですが、
あとからポカポカしてきちゃうことがあるんですね。
 
思い当たる方は、メイク前はパチパチしない。
優しく撫でるように、お化粧水をつけるようにしましょう。
 
夜はパチパチしてもOKです。
 
 
 
【ファンデーションも叩かない、こすらない】
 
もう手っ取り早く、しかもしっかりカバーしたくて、
クッションファンデのスポンジをお肌にドンドン!
パウダーファンデーションのスポンジをお肌にゴリゴリ!
 
これ、大げさじゃありません。
 
よく、出先のトイレなどで見かけます。
こういう感じでメイク直ししている人。
本当に多いんです。ドンドンゴリゴリゴシゴシグリグリ。
 
私は大丈夫と思っていても、
自覚がないだけかもしれません。
 
だって本当によく見かけるので。
 
ファンデーションは、どんな種類であっても力を入れずに。
優しく優しく。赤ちゃんのほっぺを触るかのように。
 
その方がムラなく美しい仕上がりとなります。
 
 
 
【フェイスパウダーをバフバフしない】
 
ベースメイクの最上層に来る、フェイスパウダー。
ベースメイクの仕上がりを大きく左右する「フタ」の役割でもあります。
 
その「フタ」を、
バフバフバンバン、粉が舞う・・・
 
せっかくのファンデーションもよれてしまいます。
 
「フタをする」意識をしっかり持って、
優しく、でもきちんと抑えるように、密着させていきましょう。
 
 
 
 
【ペンシル類だって全てそう。】
 
眉毛も、アイラインも、そうなんです。
 
アイブロウペンシルは、力を入れると、
油っぽい重たい色ムラのある仕上がりになってしまいます。
 
眉尻がガタガタになってしまうという方も、
力の入れすぎが原因となっている可能性が高いです。
 
年齢を重ねると、
どうしても目周りの皮膚が柔らかくなり、
眉近辺の皮膚もハリが弱くなってしまいます。
 
そういうハリが弱くなった柔らかい部分に、
力強くペンシルを当てると、
やはりガタガタの仕上がりになってしまうんです。
 
同じ理由で、アイラインも、ですね。
 
 
 
 
 
 
いかがでしょうか。
 
スキンケアも、ベースメイクも、ポイントメイクも、
「力を抜いて」メイクをすることを、
ぜひもう一度、心がけてみて下さい。
 
思いがけず「あ、うまくいった」となるかもしれません。
 
ちょっとしたところに、成功のカギがあるものです。
 
 
 
今日はここまで。
 

美しく仕上がる超基本のベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化したAi TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

しっかり自然に隠れるAi TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤み消し!Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい、Ai TERANAGANEの「make up SPONGE」はこちら

ベースメイクの仕上げに。Ai TERANAGANEの若見えフェイスパウダー「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!Ai TERANAGANEの「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。「KAGEKESHI powder PINK」はこちら

■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!イベント情報ページはこちら

■Ai TERANAGANE 公式ラインアカウント登録はこちらから 
※2020年8月より、メルマガ配信もこちらから行っております!

この記事をシェアする

AI TERANAGANE(寺長根愛)

札幌を拠点に活動するメイクアップアーティスト。
2006.4月にメイクサロン&スクール「AiLOGIC」を設立。その後、2014.4月より「Ai TERANAGANE make up studio」としてリニューアル。
同時に、コスメブランド「Ai TERANAGANE」を立ち上げる。
スタジオ運営の他に、テレビ・映画・雑誌・CM等のヘアメイクも多数担当。芸能人・タレントなどのヘアメイクも手掛ける。専門学校や各種企業にてメイク講師を勤める傍ら、メイクセミナーやイベントなどの主催も行う。活動拠点である札幌以外に、日本国内主要都市及びロサンゼルス、サンフランシスコ、シンガポールでもセミナーやイベントを開催。学生や後輩を育成し、業界を盛り上げていくためのイベント企画も行い、ブライダル業務や化粧品開発、コラム&メルマガ執筆等、多岐に渡って活動中。

  • この内容はLINEオフィシャルアカウントでも配信しています。コチラから無料で友達登録できます。

  • facebookページでも連載しています。「いいね!」を押してニュースフィードでチェックできるようにしましょう。

  • メッセージ・ご感想・メイクのお悩み投稿、セミナー、講演、イベント出演などの依頼はコチラのフォームから。


BACK TO TOP