重要なお知らせ オンラインショップ会員のお客さまへ

COLUMN

Ai TERANAGANE 公式ライン
アカウントから配信している
メイクコラムのバックナンバー

眉毛を整える道具は何がベスト?&剃り跡カバーテクニック

太眉から細眉に流行が変わり、
尚且つ、眉山の高さを目立たせない(平坦な)眉がトレンドとあり、
眉毛の上部分を剃って整える女性が増えています。

そうすると、形は理想通りになるのですが、
意外と気になってくるのが、剃り跡。

今まで剃ったことがない部分を剃ると、
特に剃り跡が気になってしまうものです。

でも太眉には戻りたくないし、
眉山が高くなっているもの嫌・・・。



ということで本日は、
眉毛を整える際に使うアイテムの選び方や、
剃り跡カバーテクニックについて、お話ししていきます。

眉毛を処理する方法としては、大きく分けると3つです。

・眉カットバサミでカットする。
・毛抜きで抜く。
・カミソリで剃る。

切るか、抜くか、剃るか、ということですね。

どれか1つだけの方法で行っている方もいれば、
全ての方法で整えている人もいるでしょう。

どれが良くて、どれがダメということではなく、
それぞれの方法にメリット&デメリットがありますので、
まずは、それらを詳しく検証していきましょう。

【眉カットバサミでカットする。】

この方法が最もベーシックで、
眉毛の形を理想通りに整えやすい方法です。

なぜなら、唯一、毛を根元からカットすることもできるし、
途中でカットして毛足の長さを整えることができるからです。

毛抜きやカミソリは、
毛をまるごと無くすことしかできないのに対し、
ハサミだと、毛の長さを短くするという「長さの調整」ができるので、

「細くする、短くする」などの形の調整だけでなく、
「薄くする」という濃さの調整もできるのが、ハサミの特徴です。

しかし、毛抜きよりもカミソリよりも、
ハサミを上手に操るというのが、やや難しいかもしれません。

特に、利き手を反対側の眉毛をカットするときは、
手が動かしづらいですよね。

慣れるまでに練習は必要ですが、
肌にも負担がなく、
メリットの多いアイテムであることは確かです。

【毛抜きで抜く。】

根元から、根こそぎ、毛を無くしてしまうので、
大幅に眉毛の形を変えたいときには効果的です。

まぶたに生えてくるような、
本当にいらない毛に関しては、毛抜きで抜くのが効果的です。

ただし、お肌の弱い方にとっては、
抜いた部分が赤く腫れてしまったりと、
皮膚へのダメージが懸念されます。

また、抜くだけで眉毛の形を美しく整えるのは難しいので、
抜くだけではなく、切ることも併せて行わなければなりません。

【カミソリで剃る。】

細かい産毛もキレイに剃れるという点はメリットです。
が、普通のカミソリだと、お肌への負担が懸念されることと、
やはりこれも、剃るだけではなく、
切ることも併せて行わなければなりません。

また、意外と多い失敗が、
眉毛を剃ろうとしたら、間違ってまつ毛にも刃が当たって切れてしまった!
というケース。

これは、よーく注意しなければなりません。

お肌の負担のことを考えると、
普通のカミソリよりも、電動シェーバーの方がオススメです。
(眉用の刃先が小さいタイプのものがあります。)

このようにして考えていくと、
総合的に見て最もお勧めしたいのが、
「ハサミでカットする」という方法です。

それから、併せて必要な部分のみ、
毛抜きで抜いたり、カミソリで処理すると良いでしょう。

しかし、そうして抜いたり剃ることで
肌が負けてしまう方は、避けて下さいね。

そして、眉毛を剃った後の青い剃り跡についてです。
これが目立ってしまうと、
なんとも垢抜けないイメージになりがち。

ファンデーションだけで隠れない場合は、
硬めのコンシーラーを使ってカバーしましょう。

堅い練り状のもの、もしくはスティックタイプのものがお勧めです。
(当ブランドの、SHIMI make up concealerをお持ちの方は、
それが適しています。)

さらに、メイクの仕上げの段階で、
パウダーファンデーションをアイシャドウブラシに取り、
青くなった部分に塗れば、剃り跡はほぼカバーできます。

この時、外から内(毛の流れに逆らって)塗ると、
より剃り跡が目立たなくなりますので、
ぜひ試してみて下さいね。

美しく仕上がる超基本のベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化したAi TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

しっかり自然に隠れるAi TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤み消し!Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい、Ai TERANAGANEの「make up SPONGE」はこちら

ベースメイクの仕上げに。Ai TERANAGANEの若見えフェイスパウダー「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!Ai TERANAGANEの「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。「KAGEKESHI powder PINK」はこちら

■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!イベント情報ページはこちら

■Ai TERANAGANE 公式ラインアカウント登録はこちらから 
※2020年8月より、メルマガ配信もこちらから行っております!

この記事をシェアする

AI TERANAGANE(寺長根愛)

札幌を拠点に活動するメイクアップアーティスト。
2006.4月にメイクサロン&スクール「AiLOGIC」を設立。その後、2014.4月より「Ai TERANAGANE make up studio」としてリニューアル。
同時に、コスメブランド「Ai TERANAGANE」を立ち上げる。
スタジオ運営の他に、テレビ・映画・雑誌・CM等のヘアメイクも多数担当。芸能人・タレントなどのヘアメイクも手掛ける。専門学校や各種企業にてメイク講師を勤める傍ら、メイクセミナーやイベントなどの主催も行う。活動拠点である札幌以外に、日本国内主要都市及びロサンゼルス、サンフランシスコ、シンガポールでもセミナーやイベントを開催。学生や後輩を育成し、業界を盛り上げていくためのイベント企画も行い、ブライダル業務や化粧品開発、コラム&メルマガ執筆等、多岐に渡って活動中。

  • この内容はLINEオフィシャルアカウントでも配信しています。コチラから無料で友達登録できます。

  • facebookページでも連載しています。「いいね!」を押してニュースフィードでチェックできるようにしましょう。

  • メッセージ・ご感想・メイクのお悩み投稿、セミナー、講演、イベント出演などの依頼はコチラのフォームから。


BACK TO TOP