重要なお知らせ オンラインショップ会員のお客さまへ

COLUMN

Ai TERANAGANE 公式ライン
アカウントから配信している
メイクコラムのバックナンバー

シワを作らない努力&目立たせない努力

さて、それでは本日も本題に入って参りましょう。
今日も読者様から頂いたご質問を取りあげて参りたいと思います。
頂いたご質問は、コチラ。
* * *
乾燥が激しい時期になってきたのですが、
特に眼の下、目頭の下の乾燥が激しく悩んでおります。
アイクリームは塗っていますが、
量が多いとベタついてそこだけ目立つし、
不足するとその上にファンデを乗せると、
ひびわれみたいな状態になってしまい・・。
目の下って一番年齢の出やすい場所かと思うのですが、
どのように仕上げると少しはマシに見えるのでしょうか。
アドバイスいただけたらうれしいです。
* * *
それでは、お答えして参ります。
今年は特に乾燥が強いように感じますよね。
外にいても、室内にいても、空気が乾燥していて、
風邪をひいていなくても咳こんでしまうような状態。
口の中や、目の中など、乾燥すると不快感を感じて
サインを出してくれる部位はいいのですが、
お肌は、気付いたときにはシワシワ・・・
なんてことが多々あります。
乾燥はお肌の不調だけでなく、
様々なマイナス現象を引き起こしてしまいますので、
可能な部分では、加湿器などで、
環境を改善するように気をつけなければなりません。
さて、本題の目の下のシワについて、です。
この対策については、
以下のように3段階に分けて考えることができます。
1 シワができないようにする意識
2 出来てしまったシワを改善する意識、スキンケア
3 出来てしまったシワを目立たなくするメイク
それでは、1つずつ見ていきましょう。
【シワができないようにする意識】
つまり、シワが出来てしまってからではなく、
シワが出来る前から、なんらかの対策を行うということです。
「シワが出来てしまって、どうしよう・・・」
多くの方が、出来てしまって初めて気付く、というパターンです。
今、目元だけが気になっていても、
必ず徐々に、気になる部分は増えていきます。
目頭だけでなく目尻、口元、額、眉間・・・
出来てしまう前からの対策が最も大事なのです。
私はまだ大丈夫、と思っていた次の日に、
突如表れるものなのです。
経験者の方は、分かりますよね。
私自身も年齢を重ねるたびに、少しずつ、
お顔のいろんな部分の変化を感じます。
ですので、極力老化を遅らせる努力というのは、欠かせません。
保湿にも気を配りますし、
フェイスマッサージも毎晩行います。
時々、スペシャルケアとして、
エステや美容外科などにもお世話になります。
自分に興味関心を持つ事、
そして努力をする勇気を持つ事、
そんなモチベーションが大事なのです。
【出来てしまったシワを改善する意識、スキンケア】
さて、できてしまったシワをどうにか改善したい、
それは誰もが思うことだと思います。
とにかくまずは保湿を最優先することが大事です。
ご質問者様もおっしゃっている通り、
メイク前には、あまり目の下をベタベタに保湿することができないので
(メイク崩れの原因になる)
就寝前の夜のスキンケアは、
目の下をしっかり潤わせた状態にするよう意識しましょう。
私自身の夜のスキンケアは、
化粧水→シートマスク→化粧水→
部分的に美容液→全体に乳液→部分的にクリーム
という段階を踏んでいます。
そして、もう1つ気にかけてみてほしいのが、
表情の癖によるシワです。
鏡を見ながら、どんな表情をした時に、
よりシワが深くなっているのかをチェックしてみて欲しいのです。
笑った時なのか、まばたきをしている時なのか。
目を閉じた時にシワが出来る方もいます。
意識し過ぎて表情が乏しくなってしまうのはよくありませんが、
視力が悪く、目を細める癖のある方は、
下まぶたのシワができやすい傾向があります。
そういった方は、目を細くする表情をしないように
意識した方が良いでしょう。
【出来てしまったシワを目立たなくするメイク】
さてさて、ここからがメイクについてのお話。
下まぶたのシワが気になる部分には、
以下のことを気をつけて下さい。
・シワが気になる部分は、
 乳液やクリームなどの量を増やすというよりも、
 なるべく硬めのクリームを下地として使い、
 乾燥を防ぐようにしましょう。
・パウダーファンデーションは使用せず、
 リキッドファンデーションを使う。
 シワが気になる部分は、量を控えめに、薄く伸ばします。
・白い煙が舞うような「超微粒子」のフェイスパウダーは避け、
 片栗粉のようにしっとりとした、
 ほどよい微粒子のフェイスパウダーを使います。
・品の良いラメハイライトで、
 下まぶたのシワを目立たなくしましょう。
   ↓
これが最も大事な部分でして、
強いパールでギラギラさせるのではなく、
(面全体を光らせるのではなく)
光り過ぎないラメを使うのがポイントなのです。
パールは面で光りますが、
ラメは、一粒一粒を目で確認できるような、点で光ります。
グリッターのようなギラギラした光だと、
イメージが派手になりすぎてしまいますが、
控え目な品のよいラメだと、
下品にならず上品な仕上がりになってくれます。
シワができない努力、
そして、シワがなくなる努力、それらをした上で、
シワが目立たなくなるメイクを工夫してみましょうね。

美しく仕上がる超基本のベースメイクシリーズ「Ai TERANAGANE」





カバー力に特化したAi TERANAGANE「ARAKESHI foundation」はこちら

しっかり自然に隠れるAi TERANAGANE「SHIMI make up concealer」「KUMA make up concealer」はこちら

最強の赤み消し!Ai TERANAGANE「AKAKESHI make up concealer」はこちら

超優秀!ファンデ・コンシーラーと合わせて使いたい、Ai TERANAGANEの「make up SPONGE」はこちら

ベースメイクの仕上げに。Ai TERANAGANEの若見えフェイスパウダー「ARAKESHI face powder」はこちら

ほうれい線や小じわを光で隠す!Ai TERANAGANEの「KAGEKESHI powder」はこちら

KAGEKESHI+ほんのりピンクのフェミニンなツヤ。「KAGEKESHI powder PINK」はこちら

■Ai TERANAGANEシリーズを実際に体験!イベント情報ページはこちら

■Ai TERANAGANE 公式ラインアカウント登録はこちらから 
※2020年8月より、メルマガ配信もこちらから行っております!

この記事をシェアする

AI TERANAGANE(寺長根愛)

札幌を拠点に活動するメイクアップアーティスト。
2006.4月にメイクサロン&スクール「AiLOGIC」を設立。その後、2014.4月より「Ai TERANAGANE make up studio」としてリニューアル。
同時に、コスメブランド「Ai TERANAGANE」を立ち上げる。
スタジオ運営の他に、テレビ・映画・雑誌・CM等のヘアメイクも多数担当。芸能人・タレントなどのヘアメイクも手掛ける。専門学校や各種企業にてメイク講師を勤める傍ら、メイクセミナーやイベントなどの主催も行う。活動拠点である札幌以外に、日本国内主要都市及びロサンゼルス、サンフランシスコ、シンガポールでもセミナーやイベントを開催。学生や後輩を育成し、業界を盛り上げていくためのイベント企画も行い、ブライダル業務や化粧品開発、コラム&メルマガ執筆等、多岐に渡って活動中。

  • この内容はLINEオフィシャルアカウントでも配信しています。コチラから無料で友達登録できます。

  • facebookページでも連載しています。「いいね!」を押してニュースフィードでチェックできるようにしましょう。

  • メッセージ・ご感想・メイクのお悩み投稿、セミナー、講演、イベント出演などの依頼はコチラのフォームから。


BACK TO TOP