重要なお知らせ オンラインショップ会員のお客さまへ

COLUMN

Ai TERANAGANE 公式ライン
アカウントから配信している
メイクコラムのバックナンバー

マスクメイクは目元から!映える&崩れないアイメイクとカラーコーデのポイント。

マスクをしていると、頬や口元は隠れてしまうため、目元に目が行くことが多くなりますよね。

今日は、マスクメイクの切り口から、アイメイクを深掘りしてみましょう。






マスクメイクのポイントは「目元」


マスクをすると、どうしても顔の上半分に人の視線が集中しますよね。

これまであまり気にならなかった眉メイクやアイメイク、どうしたらいいんだろう…と悩んでいる方は多いように思います。

マスクメイクの今だからこそ、アイメイクをより楽しみながら、新しいイメージにチャレンジしてみませんか?

マスクも今やおしゃれアイテムの一つ。マスクとアイメイクのコーディネートを考えながらメイクをするのも、とっても楽しいですよ。

目元とマスクは、今最も隣接するパーツ同志、と言っても過言ではありません。なので、この目元とマスクのコーディネートがイマイチだと、どうしてもちぐはぐなイメージになりがち。

ぜひ、カラーコーディネートを考えながら、マスクとアイメイクをリンクさせていきましょう。

マスクの色味をアイシャドウに用いて、同系色で揃えるのもあり。逆にマスクの色と反対色でアイメイクをして、華やかな印象に仕上げるのも素敵です。(例 ピンクのマスクにグリーン系のアイメイク・ネイビーのマスクにオレンジ系のアイメイク 等)

マスクをしていても大丈夫!崩れないアイメイクのポイント。


マスクをしていると、上部から漏れる呼気の蒸気によって、アイメイクが崩れやすくなったと感じる人も多いのではないでしょうか。

ここでは、アイメイクが蒸気によって崩れないためのポイントを3つ紹介していきます。

①下まぶたにもアイシャドウを。
マスクによる湿り気に負けないように、下まぶたをきちんとサラサラにしておくことが大事です。ベースメイクの時点で、下まぶたをサラサラにすることも大事なのですが、下まぶたにもアイシャドウを塗って、より崩れにくさを高めることがポイント。オシャレさもアップして一石二鳥です。

②カールキープタイプのマスカラを使う。
お湯で落ちるタイプのマスカラは避けておきましょう。ビューラーでまつ毛をしっかりとカールすることも忘れずに!

③ウォータープルーフタイプのペンシルアイライナーを使う。
こちらもお勧めテクニック。水分、蒸気にはリキッドアイライナーよりもペンシルタイプの方が耐性があります。


マスクとのカラーコーデで楽しもう!マスクのカラー別おすすめアイメイク。


マスクメイクでしか楽しめないのが、マスクとアイメイクのコーディネート。

主なマスクのカラーに合わせたアイメイクのポイントをまとめました。

今は様々なカラーのマスクが売られており、服とのコーディネートを楽しんでいる方も多いかもしれませんね。

同じように、アイメイクとのカラーコーデも是非楽しんでみてください!

ホワイト系のマスクに合わせるアイメイク。


ホワイト系のマスク(普通の不織布のマスクも)は、顔全体がくすんで見えやすいので、アイメイクで目元をはっきり見せることがポイント。

アイラインやマスカラを省かずにきちんと使い、目元を元気にはっきりと見せていきましょう。

ブラック系のマスクに合わせるアイメイク。


顔の色に対してブラックのマスクはやや存在感が強くなってしまうマスクです。

その存在感の強いマスクに対して、すっぴんに近いような状態だと、顔の印象がマスクに負けてしまって、より疲れたような印象に見えてしまいます。

ブラックのマスクをする時は、何はともあれ、まずは手抜きしない、ちゃんとメイクするということが大前提です。

グレー系のマスクに合わせるアイメイク。


上品な雰囲気を醸し出してくれるグレーのマスク。ただ、アイメイクに華やかさがないと、全体的に暗いイメージに見えてしまうことも。

ラメ入りのアイカラーなどを使って、印象が暗くならないように、でも派手になりすぎず、上品なイメージをキープできるようなアイカラーを選びましょう。

ベージュ系のマスクに合わせるアイメイク。


最も肌馴染みの良いカラーのマスクが、ベージュマスクです。なので、ナチュラルメイク派の方や、メイク全体をナチュラルに仕上げたい時にはお勧めです。

白よりも断然ナチュラルメイクが映え、ベーシックなブラウン系のアイシャドウともよくマッチします。

ピンク系のマスクに合わせるアイメイク。


女性らしいフェミニンなイメージをもたらしてくれるピンク系マスクは、カジュアルでもフォーマルでもシーン問わず使いやすいマスクの色かと思います。

普段からピンク系のアイメイクが多いという方にもお勧めのマスクですね。

マスクのフェミニンなイメージに合わせて、アイメイクもピンク系やボルドー系にすると、より全体のイメージがマッチして素敵です。

ブルー系のマスクに合わせるアイメイク。


今年の夏の流行色であるブルー。

中でもややくすみ系の柔らかいブルーがトレンドカラーです。

涼やかな印象で、尚且つ今年っぽいイメージももたらしてくれるブルーのマスクには、同系色の淡いくすみブルーを併せてみてはいかがでしょうか。

カラーペンシルも今年のトレンドアイテムですので、ブラックやブラウンではなく、ネイビー等のカラーペンシルを併せて、よりトレンド感を楽しんでみるのもお勧めです。

マスクだからこそ楽しめるアイメイク!


いかがでしょうか。

マスクは今やファッションアイテムの一つとして捉える方が、気持ち的にも楽しめるのではないかと、思っています。

ただ、しなければならないからするのではなく、「顔」につけるものなのですから、素敵に越したことはないですよね。

マスクとメイクの相性が合っていることで、より全体の印象がブラッシュアップされます。まだもう少し続くマスクの日々ですが、マスクとアイメイクをリンクさせて、より素敵なマスクメイクを楽しんで下さいね。




※メイク情報満載!Ai TERANAGANE公式SNSアカウント。

「Ai TERANAGANE」公式ONLINE STORE



コラムの筆者、寺長根愛がプロデュースするオリジナルブランド「Ai TERANAGANE」公式ストア。オリジナルブランド「Ai TERANAGANE」の他、寺長根がセレクトしたおすすめメイクアイテムやスキンケアシリーズを取り揃えています。

「Ai TERANAGANE」各商品ページは以下をクリック。















Ai TERANAGANE LINE公式アカウントに登録!




2020年8月より、LINE公式アカウントにてメルマガ配信を行っています!

公式サイトで見られる「COLUMN」の最新記事のご紹介や、セミナー・レッスン、お得なキャンペーンのご案内など、最新情報をいち早くゲットできます。

是非この機会にご登録をお願い致します!

この記事をシェアする

AI TERANAGANE(寺長根愛)

札幌を拠点に活動するメイクアップアーティスト。
2006.4月にメイクサロン&スクール「AiLOGIC」を設立。その後、2014.4月より「Ai TERANAGANE make up studio」としてリニューアル。
同時に、コスメブランド「Ai TERANAGANE」を立ち上げる。
スタジオ運営の他に、テレビ・映画・雑誌・CM等のヘアメイクも多数担当。芸能人・タレントなどのヘアメイクも手掛ける。専門学校や各種企業にてメイク講師を勤める傍ら、メイクセミナーやイベントなどの主催も行う。活動拠点である札幌以外に、日本国内主要都市及びロサンゼルス、サンフランシスコ、シンガポールでもセミナーやイベントを開催。学生や後輩を育成し、業界を盛り上げていくためのイベント企画も行い、ブライダル業務や化粧品開発、コラム&メルマガ執筆等、多岐に渡って活動中。

  • この内容はLINEオフィシャルアカウントでも配信しています。コチラから無料で友達登録できます。

  • facebookページでも連載しています。「いいね!」を押してニュースフィードでチェックできるようにしましょう。

  • メッセージ・ご感想・メイクのお悩み投稿、セミナー、講演、イベント出演などの依頼はコチラのフォームから。


BACK TO TOP