LOGIC

Ai TERANAGANEがメールマガジン、
Facebookで配信している
「メイクアップ人生」のバックナンバー。

メイクワードで検索

「明るめの肌〜暗めの肌」から考える似合う色

使う色を選んでいくには、
様々な考え方があります。
 
パーソナルカラーで選ぶのも1つですし、
色が持つイメージを優先して選ぶのも1つ。
気分で選んだり、
シチュエーション優先で選ばなければならないことも、あります。
 
 
このように、様々な方向性から、
色を選ぶことができるので、
言い方を変えれば「1つの方法に縛られる必要はない」とも言えます。
 
 
 
パーソナルカラー診断をすると、
「あなたにはこのような色が似合う」
という情報を教えてくれますが、
 
それを知ったがために、
逆に使える色が狭まってしまって、
楽しめなくなったという方も、やはりいます。
 
似合う色・似合わない色以前に、
楽しめなければ、元も子もありません。
 
READ MORE

描いているうちに、いつも眉が太くなってしまうという方へ

メイクレッスンにいらっしゃるお客様の中でも、
最も多く伺うのが「眉メイクの悩み」です。
 
太眉トレンド真っ最中の時は、
左右を整えようとして、
少しずつちょこちょこ描きたしていって太くなったとしても、
「まぁ流行りだから、いっか!」となったものの、
 
太眉トレンドが去った今、
太めの眉だと「変」とまではいかなくても、
「あ、太い眉だ」という印象を持たれてしまうかもしれません。
 
流行と反対のことをすると、
それが変じゃなくても、
なんとなく目に留まってしまうのです。
 
READ MORE

眉毛を見せるか見せないかで大きく変わる第一印象

メイクレッスンにいらっしゃるお客様が、
よく、こんな風におっしゃっているのを聞きます。
 
 
「眉毛は、どうせ前髪で隠れるから、いつも適当なんです。。」
 
とか、
 
「眉毛がうまく描けないから、いつも前髪で隠しているんです。。」
 
とか。
 
 
READ MORE

若返りの大事なポイント!手抜きチークはNG!

チーク。
 
メイクの最後のあたりに、
「とりあえず入っていればいいや」くらいの感じで、
ポンポン、と入れて終わっている方、
多いように感じます。
 
とりあえず頬に色が付いていればいいかな、
というような感じで。
 
 
 
しかし、チークというのは、
お顔の中で、最も広い面積に入れるもの。
 
どんな色を使うか、
そしてどんな風に入れるのか、
それがメイクのイメージ以上に、
若返りという観点で大きく影響を与えるのです。
 
READ MORE

目の充血で悩んでいる方へ

目が充血していたり、
もしくは白目部分が黄味がかっているなど、
なんとなく瞳がクリアじゃないことが気になっている方、
少なくないと思うんです。
 
それによって疲れて見えてしまったり、
なんとなくキラキラ感が無いというか、
覇気のない印象になってしまうこともあります。
 
寝不足したり、深酒してしまうと、
なんとなく目が淀みますよね。
 
 
これを根本的に解決するとなると、
目薬?眼科?という解決策になると思うのですが、
そうではなく、今日はメイクのお話。
 
 
READ MORE

  • facebookページでも連載しています。「いいね!」を押してニュースフィードでチェックできるようにしましょう。

  • この内容はメールマガジンの配信も行っています。読者登録されたい方はコチラから無料登録できます。

  • メッセージ・ご感想・メイクのお悩み投稿、セミナー、講演、イベント出演などの依頼はコチラのフォームから。


BACK TO TOP