LOGIC

Ai TERANAGANEがメールマガジン、
Facebookで配信している
「メイクアップ人生」のバックナンバー。

メイクワードで検索

結婚式ハイシーズン。お呼ばれしたら、まずは招待状をチェック

本州と北海道では結婚式のハイシーズンが
違ったりするのですが(気候が違うため)
 
そろそろ招待状がお手元に届いている方も
多いのではないでしょうか。
 
 
結婚式お呼ばれメイクと言うと、
=パーティメイク という感じで、
キラキラ華やかにすればいいのね、というだけでは、
少し古く見えるメイクになってしまう可能性も。
 
ただ「華やかに」ではなく、
スマートなお呼ばれメイクにトライしたいものです。
 
READ MORE

隙間を埋めるのはリキッドで!

年齢を重ねて、まぶたがたるんできたり、
まつ毛が減少したりしてくると、
どうしても目の縁(フレームライン)が弱くなってしまい、
若い頃はあったはずの目力、目のぱっちり感が損なわれ、
なんとなくポヤっとした感じの目元に見えてしまいます。
 
そこでよく雑誌なんかにも書いてあるのが、
「まつ毛の隙間をアイライナーで埋めましょう」
というテクニック。
 
 
もうこのフレーズは耳にタコができるくらい聞いたけど、
実際のところ、まつ毛の隙間を埋めるなんて出来ない!!
てゆうか、まつ毛の隙間って何?どこ?
 
という声も、よく聞きます。
 
READ MORE

フェイスブラシという存在が無くならない理由

メイクブラシの中でも、
最も大きなサイズで作られていることの多いフェイスブラシ。
 
毛量も多く、
顔に当たる面積が多いゆえに、
肌触りの良さも求められるので、
どうしても価格も高めになってしまいます。
 
なのに、なんとなく、
何のために必要なのかがピンとこなくて、
持っていない人の方が多い。
 
なのに!
 
フェイスブラシという存在は無くならない。
 
 
READ MORE

カラーマスカラがもたらす効果

先日、専門学校の生徒を指導している時に、
こんなやりとりがありました。
 
 
課題のメイクを仕上げた生徒のメイクをチェックしている時。
 
彼女はモデルに「赤マスカラ」を使っていました。
赤マスカラは、少し前に流行したアイテムです。
 
 
私は聞きました。
「なぜ今回は赤いマスカラにしたの?」と。
 
彼女は答えました。
「より目力を出したかったからです!」と。
 
 
大事なのは、なぜそうしたのか、ということ。
 
 
今回の場合、
目力を出すために赤いマスカラを使ったのなら、
それはちょっと惜しい。
READ MORE

眉マスカラのススメ

化粧品売り場の中に、目立つこともなく、
でもずっと長年鎮座している「眉マスカラ」
 
「今シーズンのmust buy!」みたいに取り上げられることもないけど、
ずっとその存在は消えない「眉マスカラ」
 
トレンドになっても、
いつのまにか消えているコスメも多くあるけれど、
眉マスカラは、ずっとあります。
 
これ、なぜかというと、やはり役に立つからです。
 
READ MORE

  • facebookページでも連載しています。「いいね!」を押してニュースフィードでチェックできるようにしましょう。

  • この内容はメールマガジンの配信も行っています。読者登録されたい方はコチラから無料登録できます。

  • メッセージ・ご感想・メイクのお悩み投稿、セミナー、講演、イベント出演などの依頼はコチラのフォームから。


BACK TO TOP