LOGIC

Ai TERANAGANEがメールマガジン、
Facebookで配信している
「メイクアップ人生」のバックナンバー。

まぶたの窪みを生かすメイク術

本日も、読者様からのご質問を取り上げていきましょう。
 
 
《本日のご質問》
 
いつも為になるメルマガを発信して下さりありがとうございます。
毎回「勉強になるわー!」と真剣に読んでいます。
 
私は若い頃から疲れると目の上の瞼が窪みやすい顔です。
若いうちは、まだ、それがエキゾチックにも見えて良かったのですが
50歳を目の前にエキゾチックがゾンビチックに変わってしまう時があります。
 
同じ歳でも瞼がぷっくりしてる人が羨ましいと思う今日この頃です
(かといって若い頃からの付き合いの、この窪みは嫌いではありません)
 
どうしたらこの瞼の窪みを魅力的に見せることが出来るか?
なにか良い方法はございますか?
 
ちなみに百貨店のBAさんが勧めるような
ピンクやライラック色のパール感のあるアイシャドウは、
自分には、なんだか違う気がします。
 
カネボウ ルナソルさんのブラウンの赤茶よりの色を使っていますが、
アイホールの中央は避けて目尻側の、
どの辺まで入れれば良いのかも教えて頂きたいです。
 
ブラウンよりはオレンジ系の色の方が誤魔化せるとも聞いた事がありますが、
如何なものでしょうか?
 
オレンジでも、かなりバリエーションがありますよね。
オレンジなら、明るいオレンジ系が良いのでしょうか?
暗めのオレンジ系が良いのでしょうか?
 
お忙しいとは存じておりますが、どうぞ宜しくお願い致します。
 
 
 
 
** それでは、お答えして参ります **
 

いつもメルマガをお読みくださり、
そして、この度はご質問をお寄せくださり、
ありがとうございます!
 
「エキゾチックがゾンビチックに」
という言い回しが面白くて、笑ってしまいました。笑
 
 
このご質問を読ませて頂いた時、
思い浮かんだのは、夏木マリさんです。
 
夏木マリさん。
まぶたの窪みが結構ある方ですが、
それ自体が老けた印象になっていることもなく、
素敵だなぁと、いつも思います。
 
個人的に好きな女優さんなこともあって、
すぐに思い浮かびました。
 
 
 
さて、本題に戻ります。
 
窪んだまぶたを生かせるかどうかは、
 
「窪んだまぶたをどうにかするのではなく、
それ以外の部分をどうにかする」
 
というのが、とっても大事です。
 
 
 
例えば、こういうことです。
 
 
・目の下にクマがあることによって、
まぶたの窪みも加齢によるものな感じがする。
 
・頬がこけていることによって、
まぶたの窪みも加齢によるものな感じがする。
 
・シミがカバーされていないことによって、
まぶたの窪みも加齢によるものな感じがする。
 
 
 
プラスにもマイナスにも引っ張られがちな、
「まぶたの窪み」ですが、
マイナスに引っ張ってしまう要素が無いかどうか。
 
それが大事なのです。
 
 
 
例えば、頬もふっくら、肌もツヤツヤ、
クマも無い、白目もキラキラ。
 
このような方が、まぶたが窪んでいたからと言って、
「疲れてるなぁ・・老けてるなぁ・・」
という印象には、さほどならないかと思います。
 
 
しかし、
頬も痩せて、肌もガサガサ、クマもしっかり、
白目も淀んでいる・・・
 
このような状態だと、
これらのマイナス要素が、
「まぶたの窪み」すらマイナスの方向へ引っ張ってしまうのです。
 
 
上記は極端な例を挙げましたが、
これはとっても大事なことなんです。
 
 
まぶたの窪みをマイナスへ引っ張る要素がなければ、
まぶたの窪みをより生かすような、
ダーク系の収縮性のあるアイシャドウを使ったって良いのです。
 
 
よく、まぶたの窪みを目立たなくするために、
明るい色のアイシャドウを使いましょうとか、
膨張性のあるピンク系のアイシャドウを使いましょうとか、
そういったカバーテクもありますが、
 
それはあくまでも、
まぶたの窪みを目立たなくする方法です。
 
 
 
前述にも挙げましたが、
夏木マリさんは、そういうアイメイクをしていません。
まぶたの窪みを目立たなくするようなアイメイクをしていないんです。
 
でも、素敵ですよね。
 
 
 
 
ですので、窪みを生かすのならば、
窪み自体をごまかすことは、
しなくても良いのでは無いでしょうか。
 
それよりも、「その窪みが加齢のよるもの」な雰囲気を出さないために、
それ以外のパーツをより若々しく、
元気に見せることに留意されると良いのではないかと思います。
 
 
 
 
それを前提にした上で、
最後に、以下のご質問にお答えします。
 
 
>カネボウ ルナソルさんのブラウンの赤茶よりの色を使っていますが、
>アイホールの中央は避けて目尻側の、
>どの辺まで入れれば良いのかも教えて頂きたいです。
 
どの辺までにしても、良いかと思います。
ただし、ブラウン系を使う時は、
目のフレームラインをきっちり描くことに重点を置いた方が良いです。
つまり、アイラインとマスカラです。
年齢を重ねると、フレームラインが弱くなってしまうので、
これを復活させる意味でも、
アイラインとマスカラはとっても大事です。
 
 
 
>ブラウンよりはオレンジ系の色の方が誤魔化せるとも聞いた事がありますが、
>如何なものでしょうか?
>オレンジでも、かなりバリエーションがありますよね。
>オレンジなら、明るいオレンジ系が良いのでしょうか?
>暗めのオレンジ系が良いのでしょうか?
 
窪みを誤魔化すということを考えると、
明るいオレンジが最も膨張性が高いです。
 
 
 
 
ぜひ、まぶたの窪みを生かすメイク、楽しんでくださいね。
 
 
 
**************
 
【店内取扱全商品20%オフセールDAY(8/29)】
 
札幌のスタジオでは、
取扱全商品が20%オフにてお買い物ができるお得なセールを不定期開催しております。
 
次回開催は、8月29日(水)11:00〜20:00となっております。
今月は平日ですので、お間違いないようご留意ください。
 
ご予約は不要です。上記の時間帯でお越しくださいませ。
在庫限りとなりますので、お早い時間帯のご来店がオススメ。
皆様のお越しをお待ちしております。
 
《スタジオ所在地》
札幌市中央区南2条西6丁目14 大友ビル4階
Ai TERANAGANE make up studio
011-251-2566

http://ai-teranagane.jp

 
**************
 
【 ビギナーズメイクレッスン2days・札幌限定】
 
このレッスンでは私、寺長根愛も一緒にすっぴんになり、
基本の「き」からメイクレッスンを行います。
1名様でも受講可能です。(最大2名様まで)
 
・今まで一度もメイクをしたことが無いという方。
・子育てや仕事に追われ、メイクをしない期間が長くなり、
メイクの仕方を忘れてしまったという方。
・今しているメイクに納得がいかず、
もう一度、基本から習い直したいという方。
 
大事な大事な基礎の部分をレッスンしていきます。
必要なアイテムは教材として、
それぞれ皆さんに合った色を選んでお渡し致します。
教材はフルメイクに必要な15点セットです。
 
受講料 69876円 ※教材費(37476円)含む
 
■お申し込み方法
メール ai@ai-teranagane.jp 迄
 
お名前(1名様もしくは2名様)ご連絡先お電話番号
受講希望日を複数ご記入をお願いします。
※受講希望日は、4〜5日程の候補を挙げて頂けるとスムーズです。
その中からスケジュールを合わせて、2日程を決定致します。
※所要時間 1名様でご受講の場合は1回約2時間半、
2名様でご受講の場合は1回約3時間となります。
 
・お支払いは初回受講日となります。(現金orクレジット)
・開催場所は Ai Teranagane make up studio となります。
 (札幌市中央区南2西6 大友ビル4階)
 
**************
 
札幌のスタジオではメイクレッスンだけでなく、
お出かけ前のヘアメイクも承っております。
結婚式や同窓会等に行かれる際や、写真撮影前などにぜひ。

http://ai-teranagane.jp

 
***************
 
【 メイクアップアーティスト育成アカデミー 】
当アカデミーは寺長根愛によるマンツーマン徹底指導。
短期集中型なので、転職を目指す社会人の方にもお勧めです。初心者も経験者もOK。
お問い合わせ、資料請求は下記まで。
 
ai@ai-teranagane.jp
011-251-2566
 
*************
 
『 メイクアップ人生 』
発行元 Ai TERANAGANE make up studio
発行責任者 寺長根 愛
 
■オフィシャルホームページ

http://ai-teranagane.jp

■オンラインストア

http://www.ai-teranagane.jp/onlinestore/

■メッセージ・ご感想・メイクのお悩み・セミナー・出張依頼
info@ai-teranagane.jp
■Facebook page

https://www.facebook.com/AiTeranagane


https://www.facebook.com/ailogic.makeuplife/

 
*****************

  • facebookページでも連載しています。「いいね!」を押してニュースフィードでチェックできるようにしましょう。

  • この内容はメールマガジンの配信も行っています。読者登録されたい方はコチラから無料登録できます。

  • メッセージ・ご感想・メイクのお悩み投稿、セミナー、講演、イベント出演などの依頼はコチラのフォームから。


BACK TO TOP