LOGIC

Ai TERANAGANEがメールマガジン、
Facebookで配信している
「メイクアップ人生」のバックナンバー。

自分に似合う眉毛の導き出し方

本日も、読者様から頂いたご質問をご紹介していきましょう。
 
 
 
《本日のご質問》
 
愛先生、こんにちは!
いつもメルマガを楽しみにしています!
 
100%企画、待ってました!
愛先生に直接質問できるこの企画は
私にとって最高の企画です!
 
お聞きしたいのは眉毛のことです!
自分に合う眉毛はどうやって見つけたら
いいのでしょうか、、、。
 
輪郭に合わせるべきなのか、
目との位置を考えて合わせるべきなのか、
よく見るゴールデンバランスを意識するべきか、
なりたい印象に合わせるべきなのか。。。
 
私は眉毛が比較的しっかり生えていて、
目と眉の位置が近いです。
 
なので眉毛はあまり太くせずに、
剃ったりカットしたりして調整しているのですが、
なんとなくしっくりきません。
 
眉の位置もそうですが、太さや淡さなども
どうやって自分にあった眉を見つけたらいいのか
困っています。
 
まとまりのない文章で大変申し訳ありませんが、
是非教えてください!よろしくお願いします!
 
 
 
 
** それでは、お答えして参ります **

 
いつもメルマガをお読みくださり、
ありがとうございます!
 
そして、この度はご質問をお寄せくださり、
ありがとうございます!
 
眉毛のお悩みというのは、
きっと多くの方が同じように抱えていることと思います。
ですので、こちらで回答をさせて頂きます!
 
 
 
まず、どうやって自分に似合う眉毛を
見出すかという命題について。
 
 
 
ご質問文の中にありました、
 
・輪郭に合わせるべきなのか
・目との位置を考えて合わせるべきなのか
・よく見るゴールデンバランスを意識するべきか
・なりたい印象に合わせるべきなのか
 
これ、全て正解ではあります。
 
 
 
まずは、それについてご説明していきましょう。
 
 
「輪郭に合わせるべきなのか」
 
例えば、輪郭に何かしらのコンプレックスや、
気になる部分がある場合は、
その輪郭の気になる部分を目立たなくするために、
輪郭と眉毛をマッチさせるという考え方があります。
 
丸顔さんの場合は、
曲線眉(アーチ型)に、
 
エラ張りさんの場合は、
眉山強調型(ピークト型)に、
 
逆三角形の細顎さんの場合は、
眉山を強調しない直線眉(ストレート型)に。
 
このように、輪郭と眉の形をマッチさせることで、
輪郭の違和感を軽減させるという方法があります。
 
 
 
「目との位置を考えて合わせるべきなのか」
 
この場合は、目元をより強調したい時に、
そのように考えます。
 
例えば、丸い形の目元を生かして、
可愛らしい印象を強調したい場合は、
眉毛もその丸みに合わせてアーチ型に。
 
切れ長のスッとした目元を生かして、
かっこいいクールな印象にしたい場合は、
眉毛もその形に合わせてストレート型に。
 
こうすることで、目の形と眉毛の形がマッチして、
より目元の印象が生きるようになります。
 
 
 
「よく見るゴールデンバランスを意識するべきか」
 
よくみるゴールデンバランス、ありますね。
 
例えば、
眉頭は、目頭の真上よりやや内側。
眉山は、黒目の外側の縁と目尻の間。
眉尻は、小鼻と目尻を結んだ延長線上。
 
これを図解したものを、
雑誌などで見たことがある方も多いでしょう。
 
これに関しては、
「ベーシック」「基本」でありますので、
もちろん、どんな方にも似合うテクニックではあります。
 
ただし、トレンドを意識したものではないので、
今、これを意識しすぎると、
やや古く見えてしまう可能性もあります。
 
なので、位置づけとしては、
どうしても、どうしていいのか分からなくなったら、
このゴールデンバランスに頼る・・というような、
保険的な存在で捉えておきましょう。
 
ちなみに、今のトレンドと比較すると、
このゴールデンバランスの眉毛は、
ちょっと長く感じられてしまったり、
やや眉山が強調されすぎな眉毛になってしまう傾向があります。
 
 
 
「なりたい印象に合わせるべきなのか」
 
これも、もちろん大事です。
 
今日は可愛い感じにしたい!
なら曲線的で、尚且つ短めの眉毛にするとか。
 
今日は大人っぽくクールに!
なら、直線的で、尚且つ長めの眉毛にするおか。
 
これも、その日の気分を優先した時には、
有効なテクニックです。
 
 
 
 
さて、これらを踏まえた上で、
結局のところ、何を優先するのか?
というのが大事になってくるのですが、
ご質問文を振り返ってみましょう。
 
 
 
>私は眉毛が比較的しっかり生えていて、
>目と眉の位置が近いです。
 
>なので眉毛はあまり太くせずに、
>剃ったりカットしたりして調整しているのですが、
>なんとなくしっくりきません。
 
 
目と眉の距離が近い場合、
それはそれで、目元の印象が強くなるので、
素敵な要素ではあるのですが、
 
・普段きつく見られるので、優しい印象にしたい
・面長な感じが気になるので、それを和らげたい
 
という方は、目と眉の距離を広げる必要があります。
 
 
この場合、眉毛の位置を、
上に描き足したり、下を剃ったりして、
直接的に上にずらすだけでなく、
 
例えば、
アイホール全体に明るい色のアイシャドウを塗って、
目と眉の距離を広げて見せたり、
 
チークを濃い目に入れて、
頬の盾の長さを和らげたり、
 
リップも色味があるものをチョイスして、
頬の面積を狭く見せたり、
 
というような関節的なテクニックも大事になってきます。
 
 
 
 
自分に似合う眉というのは、
言い換えれば、
「自分がしたい眉」なのです。
 
さらに言い換えれば、
「自分がしたい眉」というのは、
何を最も優先したいのかによって変わってきます。
 
 
 
ですので、ぜひ今一度、
「どうしたいのか」を考えることによって、
「どうすべきか」が見えてくるのではないかと思います。
 
 
 
みなさんもぜひ、考えてみてくださいね。
 
 
 
「どうしたいのか」を考えることによって、
「どうすべきか」が見えてくる。
 
 
 
**************
 
【 ビギナーズメイクレッスン2days・札幌限定】
 
このレッスンでは私、寺長根愛も一緒にすっぴんになり、
基本の「き」からメイクレッスンを行います。
1名様でも受講可能です。(最大2名様まで)
 
・今まで一度もメイクをしたことが無いという方。
・子育てや仕事に追われ、メイクをしない期間が長くなり、
メイクの仕方を忘れてしまったという方。
・今しているメイクに納得がいかず、
もう一度、基本から習い直したいという方。
 
大事な大事な基礎の部分をレッスンしていきます。
必要なアイテムは教材として、
それぞれ皆さんに合った色を選んでお渡し致します。
教材はフルメイクに必要な15点セットです。
 
受講料 69876円 ※教材費(37476円)含む
 
■お申し込み方法
メール ai@ai-teranagane.jp 迄
 
お名前(1名様もしくは2名様)ご連絡先お電話番号
受講希望日を複数ご記入をお願いします。
※受講希望日は、4〜5日程の候補を挙げて頂けるとスムーズです。
その中からスケジュールを合わせて、2日程を決定致します。
※所要時間 1名様でご受講の場合は1回約2時間半、
2名様でご受講の場合は1回約3時間となります。
 
・お支払いは初回受講日となります。(現金orクレジット)
・開催場所は Ai Teranagane make up studio となります。
 (札幌市中央区南2西6 大友ビル4階)
 
 
**************
 
札幌のスタジオではメイクレッスンだけでなく、
お出かけ前のヘアメイクも承っております。
結婚式や同窓会等に行かれる際や、写真撮影前などにぜひ。

http://ai-teranagane.jp

 
***************
 
【 メイクアップアーティスト育成アカデミー 】
当アカデミーは寺長根愛によるマンツーマン徹底指導。
短期集中型なので、転職を目指す社会人の方にもお勧めです。初心者も経験者もOK。
お問い合わせ、資料請求は下記まで。
 
ai@ai-teranagane.jp
011-251-2566
 
*************
 
『 メイクアップ人生 』
発行元 Ai TERANAGANE make up studio
発行責任者 寺長根 愛
 
■オフィシャルホームページ

http://ai-teranagane.jp

■オンラインストア

http://www.ai-teranagane.jp/onlinestore/

■メッセージ・ご感想・メイクのお悩み・セミナー・出張依頼
info@ai-teranagane.jp
■Facebook page

https://www.facebook.com/AiTeranagane


https://www.facebook.com/ailogic.makeuplife/

 
*****************

  • facebookページでも連載しています。「いいね!」を押してニュースフィードでチェックできるようにしましょう。

  • この内容はメールマガジンの配信も行っています。読者登録されたい方はコチラから無料登録できます。

  • メッセージ・ご感想・メイクのお悩み投稿、セミナー、講演、イベント出演などの依頼はコチラのフォームから。


BACK TO TOP