LOGIC

Ai TERANAGANEがメールマガジン、
Facebookで配信している
「メイクアップ人生」のバックナンバー。

一重・二重・奥二重・目の形別〜アイラインとマスカラ、どっちに力を入れる?

『年を重ねるごとに、目の印象が弱くなってきた・・・』
そんなふうに感じている方は多いと思います。
 
メイクレッスンにいらっしゃる方の中でも、
このようにおっしゃる方は、多いです。
 
目の印象が弱くなってきた
 ↓
目をはっきりさせたい
 ↓
アイラインをしっかりいれよう
 
このような思考回路で、
とりあえずアイラインを!と考える方も少なくないのですが、
実はこれ、目の形によっては損をしてしまうことがあります。
 
より効果的に魅力を増すことができるポイントというのは、
人それぞれ違うのです。
 
目の形によって、
アイラインに重点を置くのが効果的なのか、
ビューラー&マスカラに重点を置くのが効果的なのかが、
分かれます。
 
中でも特に、奥二重の方、一重の方は、
どのようにアイメイクをするのが効果的なのか、
今日は、それぞれを説明していきましょう。
 

 
■奥二重の方
 
このタイプの方は、アイラインよりも、
ビューラー&マスカラに重点を置くほうが、
目元がぱっちりと見えるようになります。
 
アイラインを太めに引いても、目を開けた時には隠れてしまい、
あまり意味がないかも、と感じたことがある方は多いと思います。
 
もちろん、引かないよりは引いたほうが、
目元の印象は強くなるのですが、
 
伏し目がちになったとき、
太すぎるアイラインはとても不自然に見えます。
 
それよりも、ビューラーでしっかりまつげを上げ、
そのカールをキープできるマスカラを塗るということの方が重要。
 
奥二重の方で、
アイラインは引くけど、マスカラは省いているという方がいたら、
それは損をしている可能性が高いので、
ぜひ、まつげメイクの方に重点を置いてみてください。
 
 
■一重で、目を開けた時に
 まつ毛の生え際(隙間)が見えるタイプの方
 
こういった方は、アイラインをきちんと引くことで、
目元の大きさがかなり変わって見えます。
 
まつげメイクも大事ですが、
ぜひ、アイラインに重点を置いて研究をしてみてください。
まつ毛の隙間を埋めるだけで、
かなり目元の印象が変わります。
 
まつ毛の隙間を埋めるには、
ペンシルタイプでもリキッドタイプでも、
どちらでもOKですが、
涙目の方は、ペンシルタイプを選んだ方が安心です。
 
 
■一重で、目を開けた時に
 まつげの生え際が隠れる(埋もれる)タイプの方
 
この場合は、アイラインとマスカラ、
ぜひ両方の重点を置いて頂きたいタイプです。
 
まず、アイライン。
目を開けて正面を向いた時に、
少しだけ見えるくらいの太さで引いてみましょう。
 
そうした時に、かなり太く引かなければならず、
どうしても不自然な印象になるようでしたら、
 
アイラインの代わりに、
黒や、それに近いダークカラーのアイシャドウを使い、
シャドウラインを引くようにしてみましょう。
 
そして、まつ毛。
まずは、しっかりとビューラーで上げることで、
まぶたのお肉を持ち上げてくれる効果が生まれます。
 
なので、ビューラーはしっかり念入りに。
マスカラは、カールキープ力の強いものを選び、
 
ボリュームやロングラッシュではなく、
とにかく「上げる」ことに念頭を置いて、
マスカラを塗っていきましょう。
 
 
■二重の方
 
二重の方は、その二重の幅によって、
アイメイクの見せ所が変わってきます。
 
二重の幅が広い方は、アイラインも太めに。
 
濃くなるのが嫌であれば、黒ではなく茶色を使ったり、
様々なカラーペンシルを使うのも良いでしょう。
 
二重の幅が狭い方は、
アイラインを太く引いてしまうと、
 
目元の印象が一気にきつくなってしまうので、
アイラインは細めに。
 
その代わり、まつ毛の強調をしっかりとして、
目力を出していきましょう。
 
 
 
いかがでしょうか。
目の形によって、
どこに重点を置くのが最も効果的なのかが変わってきます。
 
「とりあえずアイライン!」で損をしてしまわないように、
ぜひご自分にぴったり合う目力アップ法を見つけてくださいね。
 
 
****
 
『 メイクアップ人生 』
メルマガ登録はこちらから

http://www.mag2.com/m/0000189780.html

 
発行元 Ai TERANAGANE make up studio
発行責任者 寺長根 愛

http://ai-teranagane.jp

 
****
 

  • facebookページでも連載しています。「いいね!」を押してニュースフィードでチェックできるようにしましょう。

  • この内容はメールマガジンの配信も行っています。読者登録されたい方はコチラから無料登録できます。

  • メッセージ・ご感想・メイクのお悩み投稿、セミナー、講演、イベント出演などの依頼はコチラのフォームから。


BACK TO TOP