LOGIC

Ai TERANAGANEがメールマガジン、
Facebookで配信している
「メイクアップ人生」のバックナンバー。

最低限守るべきメイクの手順

メイクの手順には様々な説があります。
どの手順にもちゃんと理由があるので、
どれが間違いで、どれが正しいというのは、
一概に言えなかったりもします。
 
 
例えば、眉毛が先か、アイメイクが先か。
これも、どちらが先でもOKです。
 
目安としては、
ナチュラルメイクを仕上げるなら眉が先。
華やかメイクを仕上げるならアイメイクが先。
 
しかし、個人個人の慣れもありますので、
さほど強く気にする必要はありません。
 
 
 
また、リップが先か、チークが先か。
これも、どちらが先であってもOKです。
 
目安としては、色味が鮮やかな方を先に塗ると良いでしょう。
赤味の強い口紅を使うなら、そちらを先に。
濃いめにチークを入れたいなら、そちらを先に。
 
 
 
このようにして
「どちらでも大丈夫」という部分もあります。
 
しかし逆に、
ここだけは守った方がいいという部分もあるのです。
 
 
READ MORE

「補色の関係」を味方に付ける!

「補色の関係」という言葉。
きっと、一度は聞いたことがあるという方も多いかと思います。
 
補色の関係というのは、
ある2色の色同士の関係性を表す言葉です。
 
 
補色の関係にあたる2色は、
 
・隣合わせて配色させると、お互いに目立たせ合い、
(つまり派手なコーディネートということ。)
 
・重ね合わせてしまうと、お互いに打ち消しあう。
(メイクで言えば、カバーするということ。)
 
 
そのような性質を持った2色の関係を、
補色の関係と言います。
 
READ MORE

若返りメイクの絶対的なポイント

私が行うメイクセミナーの中で、
よく取り上げるテーマが「若返りメイクのコツ」
 
若返りというのは、
多くの世の女性が常に頭の中にあるテーマ。
 
実年齢よりも若く見られたい。。。
でもどうすればいいのか分からない。。。
 
私がセミナーで伝える内容のひとつに、
 
「若々しく見せるポイントは、
若者のメイクを真似することとイコールではない。」
 
ということです。
 
READ MORE

惰性メイク・中毒メイクに陥っていませんか?

日々、仕事をしていて、思うことがあります。
 
私のスタジオへメイクレッスンを受けにいらっしゃるお客様の多くは、
変化を受け入れる準備ができていて、(もしくは変化を欲していて)
だからこそ、私もいろんな新しいことを提案しやすかったりもするのですが、
 
そのように、変化を受け入れる受け皿の準備が出来ていなかったり、
変化をすることを無意識のうちに恐れている方々の中には、
惰性メイクや中毒メイクに陥っている方もいるように思います。
 
 
例えば、
 
いつのまにか、ずーっと同じメイクをしている。
いざ変えようと思っても、
見慣れない自分の顔で外に出るのが不安・・・
 
とか、
 
コンプレックスをどうにか克服しようとし、
その箇所ばかりに注力したメイクに偏ってしまっている・・・
分かっちゃいるけど、やめられない・・・
 
とか。
 
 
 
思い当たる節、ありませんでしょうか。
 
 
 
READ MORE

一重・二重・奥二重・目の形別〜アイラインとマスカラ、どっちに力を入れる?

『年を重ねるごとに、目の印象が弱くなってきた・・・』
そんなふうに感じている方は多いと思います。
 
メイクレッスンにいらっしゃる方の中でも、
このようにおっしゃる方は、多いです。
 
目の印象が弱くなってきた
 ↓
目をはっきりさせたい
 ↓
アイラインをしっかりいれよう
 
このような思考回路で、
とりあえずアイラインを!と考える方も少なくないのですが、
実はこれ、目の形によっては損をしてしまうことがあります。
 
より効果的に魅力を増すことができるポイントというのは、
人それぞれ違うのです。
 
目の形によって、
アイラインに重点を置くのが効果的なのか、
ビューラー&マスカラに重点を置くのが効果的なのかが、
分かれます。
 
中でも特に、奥二重の方、一重の方は、
どのようにアイメイクをするのが効果的なのか、
今日は、それぞれを説明していきましょう。
 
READ MORE

  • facebookページでも連載しています。「いいね!」を押してニュースフィードでチェックできるようにしましょう。

  • この内容はメールマガジンの配信も行っています。読者登録されたい方はコチラから無料登録できます。

  • メッセージ・ご感想・メイクのお悩み投稿、セミナー、講演、イベント出演などの依頼はコチラのフォームから。


BACK TO TOP