LOGIC

Ai TERANAGANEがメールマガジン、
Facebookで配信している
「メイクアップ人生」のバックナンバー。

たかが流行、されど流行。〜現代の若者の感覚〜

以前、ある実験みたいなことをしてみました。
 
私がメイクを指導している高校生と専門学生に、
「この人、何歳に見える?」と、
あるモデルさんの写真を見せました。
 
 
そうすると、ほとんどの学生が、
「20代後半くらい。。。?」と、答えました。
 
 
彼女達にとって、20代後半の女性というのは、
「結構大人」という感覚の年齢です。
 
世間一般では若い年齢なんですけどね。
 
READ MORE

唇がもたらしてくれる大切なもの。

例えば、実年齢より必ず上に見られてしまう。
疲れていないのに「疲れてる?」と言われてしまう。
怒っていないのに「怒ってる?」と言われてしまう。
 
身に覚えのある方は少なくないと思います。
 
 
もしかしたら「唇」を変えることで
軽減するかもしれません。
 
 
 
 
 
若々しく見えるメイクというのは、
「若い年代の人と同じメイクをする」
ということではありません。
 
ファッションも同じですね。
若い年代の人と同じファッションをしたからといって、
若く見えるわけではありません。
 
READ MORE

若返りメイクの絶対的なポイント

私が行うメイクセミナーの中で、
よく取り上げるテーマが「若返りメイクのコツ」
 
若返りというのは、
多くの世の女性が常に頭の中にあるテーマ。
 
実年齢よりも若く見られたい。。。
でもどうすればいいのか分からない。。。
 
私がセミナーで伝える内容のひとつに、
 
「若々しく見せるポイントは、
若者のメイクを真似することとイコールではない。」
 
ということです。
 
READ MORE

加齢とともに眉尻が描きにくくなってきた!?

年齢を重ねると、目元の皮膚がたるんできて、
アイラインの目尻が描きにくくなるというのは、
多くの方が感じることです。


この場合は、聞き手と反対の手で、
まぶたを押さえながらアイラインを引くというのが、
最も現実的な対策です。


この時、まぶたを引っ張りすぎないように注意しましょう。
引っ張るのではなく、押さえる感覚で。


引っ張る力は最小限に。
引っ張り具合は「これならギリギリ描ける!」
というところまでにします。


引っ張りすぎると、
アイラインの目尻の角度が、
おかしなことになってしまうのです。



READ MORE

目の下のたるみを目立たなくしたい!そんな時のハイライトテクニック

若い頃は、お顔にお肉が付いていても、
ハリがあって、健康的なイメージ。


当の本人は丸顔で悩んでいたとしても、
可愛らしく見えるのが、若き顔のハリ。



しかし、年齢を重ねるにつれて、
その張りがあったお肉が柔らかくなってきて、
「たるみ」という現象が起こり始めます。




メイクレッスンにいらっしゃるお客様の中でも、
「このたるみをどうにかしたい・・・」
とおっしゃる方は多いです。


READ MORE

  • facebookページでも連載しています。「いいね!」を押してニュースフィードでチェックできるようにしましょう。

  • この内容はメールマガジンの配信も行っています。読者登録されたい方はコチラから無料登録できます。

  • メッセージ・ご感想・メイクのお悩み投稿、セミナー、講演、イベント出演などの依頼はコチラのフォームから。


BACK TO TOP