LOGIC

Ai TERANAGANEがメールマガジン、
Facebookで配信している
「メイクアップ人生」のバックナンバー。

たかが流行、されど流行。〜現代の若者の感覚〜

以前、ある実験みたいなことをしてみました。
 
私がメイクを指導している高校生と専門学生に、
「この人、何歳に見える?」と、
あるモデルさんの写真を見せました。
 
 
そうすると、ほとんどの学生が、
「20代後半くらい。。。?」と、答えました。
 
 
彼女達にとって、20代後半の女性というのは、
「結構大人」という感覚の年齢です。
 
世間一般では若い年齢なんですけどね。
 
READ MORE

惰性メイク・中毒メイクに陥っていませんか?

日々、仕事をしていて、思うことがあります。
 
私のスタジオへメイクレッスンを受けにいらっしゃるお客様の多くは、
変化を受け入れる準備ができていて、(もしくは変化を欲していて)
だからこそ、私もいろんな新しいことを提案しやすかったりもするのですが、
 
そのように、変化を受け入れる受け皿の準備が出来ていなかったり、
変化をすることを無意識のうちに恐れている方々の中には、
惰性メイクや中毒メイクに陥っている方もいるように思います。
 
 
例えば、
 
いつのまにか、ずーっと同じメイクをしている。
いざ変えようと思っても、
見慣れない自分の顔で外に出るのが不安・・・
 
とか、
 
コンプレックスをどうにか克服しようとし、
その箇所ばかりに注力したメイクに偏ってしまっている・・・
分かっちゃいるけど、やめられない・・・
 
とか。
 
 
 
思い当たる節、ありませんでしょうか。
 
 
 
READ MORE

メイクする時の姿勢で、仕上がりが変わる!

例えばビューラーをかける時、
例えばアイラインを引く時、


どんなビューラーを選ぶべきなのかとか、
アイラインはどこから引き始めるのがいいのかとか、
そういったことも大事なんですが、


同じくらい大事なのが、
ビューラーをかける時は、どこに視線を向けるべきか、
アイラインを引く時は、目を開けるのか?閉じるのか?


どういう姿勢で行うのかというのは、
実はとっっっっても大事です。


それによって、成功するか失敗するか、
大きな分かれ道となるのです。



READ MORE

メイクレッスンを受けたお客様が呟くセリフ・ベスト10

当スタジオでは、
マンツーマンメイクレッスンを随時行っているのですが、


そのレッスンを受けられた方が、
「それは目からウロコ・・・」
というようなリアクションをされる箇所には傾向があります。


多くの方がそのようなリアクションをされる箇所というのは、
つまり、多くの方が知らずに損をしている箇所ということ。


今日は、そんなベスト10を、ご紹介していきます。


READ MORE

迷いの時期にいる貴女へ

テクニック的なことからは、少し離れてしまいますが、
今日はちょっと角度を変えたお話を。





私がメイクという仕事に就いたのは、
18歳の時でした。


READ MORE

  • facebookページでも連載しています。「いいね!」を押してニュースフィードでチェックできるようにしましょう。

  • この内容はメールマガジンの配信も行っています。読者登録されたい方はコチラから無料登録できます。

  • メッセージ・ご感想・メイクのお悩み投稿、セミナー、講演、イベント出演などの依頼はコチラのフォームから。


BACK TO TOP