LOGIC

Ai TERANAGANEがメールマガジン、
Facebookで配信している
「メイクアップ人生」のバックナンバー。

メイクする時の姿勢で、仕上がりが変わる!

例えばビューラーをかける時、
例えばアイラインを引く時、


どんなビューラーを選ぶべきなのかとか、
アイラインはどこから引き始めるのがいいのかとか、
そういったことも大事なんですが、


同じくらい大事なのが、
ビューラーをかける時は、どこに視線を向けるべきか、
アイラインを引く時は、目を開けるのか?閉じるのか?


どういう姿勢で行うのかというのは、
実はとっっっっても大事です。


それによって、成功するか失敗するか、
大きな分かれ道となるのです。



READ MORE

メイクレッスンを受けたお客様が呟くセリフ・ベスト10

当スタジオでは、
マンツーマンメイクレッスンを随時行っているのですが、


そのレッスンを受けられた方が、
「それは目からウロコ・・・」
というようなリアクションをされる箇所には傾向があります。


多くの方がそのようなリアクションをされる箇所というのは、
つまり、多くの方が知らずに損をしている箇所ということ。


今日は、そんなベスト10を、ご紹介していきます。


READ MORE

迷いの時期にいる貴女へ

テクニック的なことからは、少し離れてしまいますが、
今日はちょっと角度を変えたお話を。





私がメイクという仕事に就いたのは、
18歳の時でした。


READ MORE

子供の時に遊んでいた〇〇を、メイク思考に繋げてみる

メイクって、ある程度、大人になってから始める方が多いので、
子供脳ではない状態で、化粧品を手にするんですよね。


経験値はとっても大事なものだけど、
時々、その経験が邪魔をして、
化粧品に対して、まっさらな状態で向き合えなかったりする。


でも、子供脳に戻って先入観を取り外して化粧品と向き合うと、
今まで疑問だったり悩みだったりすることが、
すんなり解決したりするんです。


というわけで、今日は、
「子供の頃に遊んでいた〇〇を、メイク思考に繋げてみる。」


READ MORE

できる。できるよ。でもそれは、こういうこと。

「リキッドファンデって、両手の平に伸ばして、
一気に顔全体に伸ばしちゃダメなんですか?」


『できる。できるよ。でもそれは、こういうこと。』


「お味噌汁を作る時、味噌を溶くのが面倒だから、
そのままボンって入れちゃダメなんですか?」


こういうこと。


お味噌は時間が経てば、まぁ溶けるし、
そんなに細かいことを気にせず、繊細な仕上がりを求めないなら
大雑把な作り方でも、できることはできる。


「そんなに細かいことを気にせず、繊細な仕上がりを求めないなら」


そして、どんな方法でも、ある程度の完成度に持っていける
センスと勘があれば。






「マスカラを塗る前に、ティッシュオフするのは、面倒くさい。」


『いいよ。いいけど、それは、こういうこと。』


「普通のしゃもじでご飯をよそう時に、
しゃもじを水で濡らすのが面倒くさい。」


こういうこと。


どうなりますか?


しゃもじが、米だらけ。


まつ毛が、ゴテゴテダマダマ。



面倒くさいで片付けられる人は、
もしかしたら、細かい部分を気にしない性格なのかも。



気にしないというよりも、気にならない。
ということは、気付けないということ。


仕上がりの良し悪しに気付けないならば、
余計に、細かい基本的な手順を踏むべき。






「フェイスパウダーを付けた後に払うブラシが無い。
手でなんとなく払うのはダメ?」


『できる。できるよ。でもそれは、こういうこと。』


「手作りケーキの上に、ココアパウダーをのせるとき、
少しずつ網目を通して振り掛けるのが面倒だから、
とりあえずドバッと乗せちゃって、余分なのは手で払っちゃえ。」


そんなの有りえないって思いますよね。
でも、同じようなことなんです。


すっごく器用な人だったら、できるかもしれませんね。


でも、ほとんどの方が、難しいと思います。


であれば、ブラシがあった方がいいなって思いますよね。









『できる。できるよ。でもそれは、こういうこと。』


極論を言えば、どんな手法であれ、
メイクを完成させることは、可能です。


ものすごく手先が器用で、
センスや勘が優れている人なら尚さら、
どんな手法でも完成に導くでしょう。


しかし、例えを出したように、
とりあえず仕上がるけれど、
美しさ(美味しさ)を生み出そうと思ったら、
やっぱり基本的な手順というのは、大事なんです。


メイクレッスンでも、
「こうしちゃダメなんですか?」と、
いかに簡略化を見出せるか、というご質問をされる方も多いです。


それがナイスアイデアであれば、OKと言いますが、
総合的に考えてベターではない場合は、ダメと言います。




皆さんも、ナンセンスな省略をしていませんでしょうか?
ぜひ、見直してみてくださいね!





******************


お肌の赤味が気になる方へ

http://www.ai-teranagane.jp/onlinestore/akakeshi/index.html



疲れていないのに「疲れてるの?」と言われてしまう方へ

http://www.ai-teranagane.jp/onlinestore/kagekeshi/index.html



*******************



【 大人気ビギナーズメイクレッスン2day’s 】随時募集中!


このレッスンでは、講師である私、寺長根愛も
みなさんと一緒にすっぴんになり、
基本の「き」からメイクレッスンを行います。
1名様でも受講可能です。(最大2名様まで)


・今まで一度もメイクをしたことが無いという方。
・子育てや仕事に追われ、メイクをしない期間が長くなり、
メイクの仕方を忘れてしまったという方。
・今しているメイクに納得がいかず、
もう一度、基本から習い直したいという方。


大事な大事な基礎の部分をレッスンしていきます。
必要なアイテムは教材として、
それぞれ皆さんに合った色を選んでお渡し致します。


「教材内容」(フルメイクに必要なセット)
メイクアップベース・リキッドファンデーション・
コンシーラー1色・フェイスパウダー・スポンジ・パフ・
アイブロウペンシル・アイカラー2色・アイライナーペンシル・
ビューラー・マスカラ・リップ1色・チーク1色・影消パウダー


受講料 62800円(税込)
(教材費 30348円を含む)


■お申し込み方法
メール ai@ai-teranagane.jp 迄


お名前(1名様もしくは2名様)・ご年齢・ご連絡先お電話番号・
受講希望日を複数(1回3時間)ご記入をお願いします。
※受講希望日は、4〜5日程の候補を挙げて頂けるとスムーズです。
その中からスケジュールを合わせて、2日程を決定致します。


・お支払いは初回受講日となります。(現金orクレジット)
・確認のご返信メールを2日以内に送らせて頂きます。
・開催場所は Ai Teranagane make up studio となります。
 (札幌市中央区南2西6 大友ビル4階)



*****************


【 札幌にスタジオがございます 】
ご自分のお化粧品をご持参してのマンツーマンメイクレッスンや、
お出かけ前のヘアメイクも承っております。
詳しくはホームページをご覧ください。

http://ai-teranagane.jp



******************


【 メイクアップアーティスト育成アカデミー随時開講中 】
当アカデミーは寺長根愛によるマンツーマン徹底指導。
短期集中型なので、転職を目指す社会人の方にもお勧めです。
初心者も経験者もOK。お問い合わせ、資料請求は下記まで。


ai@ai-teranagane.jp
011-251-2566


*****************


【 Ai TERANAGANE オリジナルコスメ取扱店・取扱誌 】


・札幌ステラプレイス 5F「ハンズビー」
・札幌ステラプレイス B1F「PLAZA」
・東急ハンズ銀座店 5F
・東急ハンズ新宿店 3F
・東急ハンズ札幌店 2F
・Ai TERANAGANE make up studio(札幌)
・Ai Teranagane ONLINE STORE(公式)

http://www.ai-teranagane.jp/onlinestore/

・カタログ通販ニッセン
・ベルメゾン
・札幌生協トドック
・コスメキューブ


******************
 ☆メイクで人生は変わる 女性としてうまれたことに誇りを☆
******************


『 メイクアップ人生 premium 』
発行元 AI TERANAGANE make up studio
発行責任者 寺長根 愛


■オフィシャルホームページ

http://ai-teranagane.jp

■オンラインストア

http://www.ai-teranagane.jp/onlinestore/

■著者へのメッセージ・ご感想・メイクのお悩み
ai@ai-teranagane.jp
■お問合せ・セミナー依頼・出張依頼
info@ai-teranagane.jp
■Facebook page

https://www.facebook.com/AiTeranagane



*****************

  • facebookページでも連載しています。「いいね!」を押してニュースフィードでチェックできるようにしましょう。

  • この内容はメールマガジンの配信も行っています。読者登録されたい方はコチラから無料登録できます。

  • メッセージ・ご感想・メイクのお悩み投稿、セミナー、講演、イベント出演などの依頼はコチラのフォームから。


BACK TO TOP